ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > バックナンバー > 年度別 > 2018年度 > 「久留米大学茶」が広川町のふるさと納税返礼品に選定

本文


「久留米大学茶」が広川町のふるさと納税返礼品に選定

本学経済学部の冨吉ゼミと八女郡広川町の地域おこし協力隊、広川町の八女茶生産農家「ゆげ製茶」の3者で共同開発したお茶「久留米大学茶(KURUME UNIVERSI TEA)」が、福岡県八女郡広川町のふるさと納税「広川町ふるさとづくり寄附金」の返礼品に選定されました。

「久留米大学茶」は、八女茶100%使用のペットボトル(500ml)のお茶で、一般財団法人久留米大学愛恵会が、学内および院内の売店・食堂等にて販売しています。

本学は広川町と包括連携協定を締結しており、「久留米大学茶」は学生の学びと地域連携を形にし、広川町の地方創生プロジェクト「ひろかわ新編集」の推進を目指し、完成した商品です。

現在、10,000円以上の寄付で「久留米大学茶」1ケース(24本入)を返礼品として選択していただけます。返礼品の送付は、広川町外にお住いの方限定です。
「久留米大学茶」が、八女茶の魅力の全国発信および広川町の地方創生に寄与することを期待しています。

 

久留米大学茶写真
使用した茶葉は、減農薬栽培の八女茶100%です

 

【関連リンク】