ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > バックナンバー > 年度別 > 2019年度 > 東アジア初! 久留米大学病院に ロボット補助PCIを導入

本文


東アジア初! 久留米大学病院に ロボット補助PCIを導入

久留米大学病院循環器病センターでは、冠動脈インターベンション(PCI)の補助ロボット「コーパス(Corpath GRX)」を導入し、2019年4月12日(金)に東アジアで初めての手術を行いました。PCIは、狭心症や心筋梗塞などの心疾患において、脚の付け根や腕などの血管からカテーテルを差し込み、狭くなった冠動脈を広げる治療法です。

コーパスは、2018年6月に国内の臨床使用に対する認可が決定されたもので、本学大学病院に国内第1号機が導入されました。

詳しくは、以下のページをご覧ください。
http://www.hosp.kurume-u.ac.jp/introduction/facilities/corpath/

 

導入したコーパス