ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > バックナンバー > 年度別 > 2019年度 > 法学部特別講演会「混乱の中東社会とその行方」のご案内【6月11日】

本文


法学部特別講演会「混乱の中東社会とその行方」のご案内【6月11日】

久留米大学法学部では、レバノン人のフリージャーナリストで在英国サウジアラビア大使館の政治経済担当顧問を務めているナーセル・カラウーン博士を招いて特別講演会「混乱の中東社会とその行方-『米とサウジアラビア』対『イラン』の対立を中心として」を開催します。

カラウーン博士はイギリスの放送局「BBC」や各種メディアを通して世界に発信されており、来日されたのを機に講演をお願いして実現しました。イランとアメリカ・サウジアラビアの対立、シリア情勢、トルコの反米感情の高まりなど、混迷を深める中東問題を皮膚感覚で話してもらえる機会と考えています。

一般市民の方も入場無料で聴講できます。皆さま、ぜひご参加ください。

特別講演会「混乱の中東社会とその行方」

日時

2019年6月11日(火) 17:00 (16:30~受付開始)

場所

久留米大学御井キャンパス 500号館1階 51B教室
(久留米市御井町1635)

講演

混乱の中東社会とその行方-『米とサウジアラビア』対『イラン』の対立を中心として
 講師:ナーセル・カラウーン博士

 ※通訳付き

参加費

無料

申し込み

不要

お問い合わせ

久留米大学法学部国際政治学科 古賀 幸久

 TEL:090-7923-5094