ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > バックナンバー > 年度別 > 2019年度 > RKB毎日放送との包括連携協定による取り組み ~文学部情報社会学科の「放送制作実習・演習」をRKBラジオが生中継

本文


RKB毎日放送との包括連携協定による取り組み ~文学部情報社会学科の「放送制作実習・演習」をRKBラジオが生中継

RKB毎日放送のラジオ番組「ピンボケ!」による生中継が12月19日、御井キャンパスで行われました。

文学部情報社会学科ではRKBのディレクターによる講義「放送制作実習・演習」が行われており、御井キャンパス内にあるFMスタジオを使い、本格的な番組制作の授業を受けることができます。

また、本学はRKB毎日放送と包括的連携協定を締結しており、その取り組みの一環として今回の生中継が行われました。

当日は、ラジオパーソナリティの加藤淳也さんがFMスタジオを訪れ、そこで学ぶ学生と一緒に御井キャンパスを散策し施設を紹介する様子が放送されました。他にも、この日のために学生が制作したミニ番組「久留米大学のオススメスポットベスト10」が紹介されました。

 FMスタジオでの取材の様子

FMスタジオでの取材の様子
FMスタジオでの取材の様子

学内での取材の様子 学内での取材の様子
学内での取材の様子 学内での取材の様子
キャンパス内での取材の様子

最後に、文学部長室を訪れ、石橋潔文学部長をはじめ、そこに集まっていた情報社会学科の教授陣が取材を受けました。

※この模様はタイムフリーの視聴聴取機能を持つアプリなどで聴くことができます。
番組:RKBラジオ「ピンボケ!」12/19(木) 18:10~19:30

学部長室での取材の様子
文学部長室での取材の様子