ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > バックナンバー > 年度別 > 2021年度 > 医療経営研究センターの開設について

本文


医療経営研究センターの開設について

本学では2017年より佐藤敏信特命教授(学長直属)を中心に、医学部・病院・文系学部からもメンバーが参加して学内研究会が立ち上がるとともに、翌2018年には旭町キャンパス内にビジネス研究所「医療経営分室」を設け、病院管理・医療経営に関する文医融合研究プロジェクトを継続的に実施してきました。

この度、この組織を発展的に解消して、病院・診療所等の経営問題を専門に取り扱う「医療経営研究センター」を2021年4月に医学部内に新設し、さまざまな現代的課題(患者の権利擁護・医療従事者の働き方改革・診療報酬改定の影響分析等)に引き続き取り組むとともに、新たに出現したCOVID-19による医療施設経営への影響とその対応について情報提供とコンサルテーションを行うユニットとして「Kurume Medical Advisory & Consulting(K-MAC)」を開設することになりました。

これは、全国初大学発のソーシャルビジネス型医療コンサルティングファームを目指すもので、本学同窓会会員をはじめとする開業医等への支援を通じて、地域医療基盤の維持・発展とNew Normal下での地域医療の新たな価値の創造に貢献する取り組みです。コンサルテーションに関しては、銀行・会計事務所・システムファームなど外部の協力機関と金融・会計・税務・法務・ICT・DX等の面で連携し、実践的なアドバイザリーサービスを提供していく予定です。詳しくはこちら:K-MACのページ:https://k-mac.net/

医療経営研究センターの役割