ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > バックナンバー > 年度別 > 2021年度 > 本学卒業生のパラリンピック出場について(ブラインドサッカー黒田智成さん)

本文


本学卒業生のパラリンピック出場について(ブラインドサッカー黒田智成さん)

国際パラリンピック委員会が主催する身体障害者を対象とした世界最高峰のスポーツ競技大会「東京2020パラリンピック」に、本学卒業生(文学部人間科学科心理学コース:現 文学部心理学科)の黒田智成さんが、ブラインドサッカーの選手として出場しています。8月29日のフランス戦ではフォワードとして出場、2ゴールをあげる活躍で日本を勝利に導きました。

黒田さん

黒田さんは、生後3ヶ月で左目を、6歳で右目を失明。 久留米大学文学部人間科学科心理学コースで、友人のサポートも受けながら学び、2001年にご卒業。筑波大学大学院に進学してブラインドサッカーに出会い、日本代表として数多くの国際大会に出場されています。現在は盲学校の教諭としても活躍されています。

講演会の様子

黒田さんを講師に開催した人間健康学部 開設記念シンポジウム(2017.10)の様子