ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > バックナンバー > 年度別 > 2021年度 > 中島収教授(臨床検査部)の最終講義を行いました

本文


中島収教授(臨床検査部)の最終講義を行いました

1月17日(月)、旭町キャンパス教育1号館にて、今年度末で定年退職を迎える久留米大学病院臨床検査部 中島収教授の最終講義を行い、学生をはじめ、教職員や卒業生などが出席しました。

講義の様子 

「私にとっての臨床病理」と題した演題では、これまでの主な研究や活動について、また学生時代からの仲間との思い出などが笑いを交えて語られました。

花束贈呈 集合写真
(左)矢野医学部長から花束贈呈、(右)お世話になった仲間たちと(中島教授は前列中央)

講義終了後は矢野博久医学部長のご挨拶の他、臨床検査部などから花束贈呈が行われ、会場からは大きな拍手が贈られました。