ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > バックナンバー > 年度別 > 2021年度 > 久留米かすり市、学生協力で華やかリニューアル

本文


久留米かすり市、学生協力で華やかリニューアル

3月19、20日の2日間にわたり、「発見!久留米かすり市」が地場産くるめにて開催されました。福岡を代表する伝統工芸”久留米絣”の発信を目的に地元で永く愛されてきたイベント「藍・愛・出逢いフェスティバル」が本学と絣フェスタの協力で大幅にリニューアルされ、学生達が活躍しています。

kasuriphoto1kasuri2

事前にイベントをPRする参加メンバー達(左)/会場でメディアの取材に答える学生(右)

kasuri3kasuri4

スタッフと入念に打合せをする学生(左)/設営作業をする学生(右)

絣の魅力を発信する8名の学生絣アンバサダーはそれぞれ絣を着用して久留米絣協同組合の方や来場者へのインタビュー、インスタライブを行うなどこれまでになかった取り組みにチャレンジしました。

kasuriphoto3kasuriphoto4

kasuriphoto5kasuriphoto6

会場を盛り上げた絣アンバサダーの学生たち

目玉イベントのファッションショーでは法学部が7年前より開催している絣フェスタにてモデルをつとめる学生や卒業生らがステージに立ち会場を彩りました。

kasuriphoto7kasuriphoto8

kasuriphoto9kasuriphoto10

特訓を重ねて大役をはたした現役生、卒業生を中心としたモデルたち

絣アンバサダーとして参加した荒木さん(法学部1年)は「このイベントに関わる中で、久留米絣の織元さん、問屋さん、デザイナーさん、お客様といった方々と繋がり、様々なことを学ぶことができました。まだ自分が何を目指すのかはっきりしない中で、未来の選択肢を広げる経験ができたと思います」と話しました。

kasuri1kasuri2

来場者と交流する学生

sdgs1sdgs2