ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > バックナンバー > 年度別 > 2022年度 > オックスフォード大学から研修生が来ています

本文


オックスフォード大学から研修生が来ています

4月21日よりイギリスのオックスフォード大学医学部のLaura Wilkinsさんが久留米大学医学部へ研修に来ています。オックスフォード大学はTHEが発表する世界大学ランキングにおいて6年連続1位を獲得している世界屈指の名門校です。Lauraさんは、6月中旬まで久留米大学病院の小児科、小児外科及び耳鼻咽喉科頭頸部外科において医学部の学生たちと一緒に臨床実習を行います。

202204282022042820220408202204282022040820220408

大学病院での実習の様子

以前から友人が住んでいる九州に行ってみたかったというLauraさん。大学のある久留米市は九州のどの県にもアクセスが良いところが魅力に感じているそうです。日本に来て1週間(取材日は4月28日でした)が経過。Lauraさんは「学生や先生がとても親切で、日本での生活を楽しめている。日本にいる間にもっとたくさんの人と話して日本語も上達させたい。将来は子供だけではなく家族の心にも寄り添えるような小児科医を目指している。」と将来の目標を語ってくれました。

202204082022040820220408202204082022040820220408

久留米大学は現在、18カ国35校と大学間協定を結んでいます。医学部では2018年に医学教育研究センター内に国際交流部門を設置。海外留学や多国籍の学生や研究者との交流を通して、グローバルな視点を持つ医師の育成を支援しています。

 

※掲載写真においてマスクを外しているのは撮影時のみです。本学では、厚生労働省等の感染防止ガイドラインを遵守し、感染予防を徹底して病棟実習を行なっています。