ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > バックナンバー > 年度別 > 2022年度 > 第4回ダイバーシティ・インクルージョン(DI)Dayを開催しました

本文


第4回ダイバーシティ・インクルージョン(DI)Dayを開催しました

11月11日(金)、第4回久留米大学ダイバーシティー・インクルージョン(DI)Dayをオンラインにて開催しました。

内村直尚学長のビデオあいさつの後、令和3年度内村助成金チャレンジ枠採択者5名による成果発表が行われ、生理学講座の中島明子さんが優秀賞を受賞しました。中島さんは昨年に続き連続受賞です。受賞を受けて中島さんは「10月末に第1子を出産しました。妊娠中からDI Dayの発表準備を始めたおかげで、ワークとライフ両立の第一歩を着実に踏み出せたと実感しています。母親として子供の成長を見守りながら、研究者として常に前進し、時代の先頭に立つ生理学者になりたいと思います。久留米大学は研究環境や助成金制度も整った良い研究環境にあります。久留米大学の研究活動を盛り上げていきたいです」と抱負を述べました。

内村学長 福田さんと野田先生 
内村直尚学長/発表者福田さんと座長野田教授

発表の様子2 表彰の様子 
発表者佐藤先生と座長古村教授/矢野DI推進室長と優秀賞受賞の中島さん

 

第2部の講演会は、横浜国立大学大学院国際社会科学研究院教授の二神枝保先生に「ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)の課題と展望〜ダイバーシティの光と影、その先にある価値ある未来〜」をテーマにお話いただきました。座長は久留米大学分子生命科学研究所遺伝情報研究部門の佐野浩子講師が務めました。

講演の様子 
第2部講演会の様子 座長佐野講師(左)と講演をされた二神教授(右)

 

第5回は2023年5月に開催予定です。

 

久留米大学ダイバーシティ・インクルージョン(DI)推進室のホームページ