ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > 「第110回カフェで学ぼうがんのこと」を開催しました

「第110回カフェで学ぼうがんのこと」を開催しました

10月22日(金)15:00~17:00、「第110回カフェで学ぼうがんのこと」を開催しました。

テーマ:「乳がんについて聞いてみよう!」

講 師:及川将弘 先生(にゅうわ会及川病院 乳腺外科副部長)

会場:久留米大学福岡サテライト(福岡市中央区天神) + オンライン によるハイブリッド開催

 

新型コロナウイルスの感染防止対策を取ったうえで、福岡市天神の久留米大学福岡サテライトでの会場開催とウェブ会議システムZOOMを用いたハイブリッド形式で開催しました。

プレセミナーとして元7人制ラグビー日本代表の築城昌拓さんによるストレッチ講座を開催しました。参加者全員、椅子にすわったまま簡単にできる腸腰筋のストレッチでリフレッシュしました。

続いて及川将弘先生による乳がんセミナーが開催されました。
乳がんの発生機序、非浸潤がんと浸潤がんの違いについて最初に解説し、続いて乳がん治療の大原則を説明しました。乳房全摘した場合と乳房温存プラス放射線併用療法では治療成績に差がないこと、全摘後の乳房再建が普及しており、全国的には全摘同時再建が増加していること等をお話しました。また、乳がんを早期に見つけるには「ブレストアウェアネス」、すなわち「日頃から乳房に気をかけておくこと」が大切であることをお伝えしました。
 

築城昌拓さんと及川将弘先生
(左)築城昌拓さん (右)及川将弘先生による乳がんセミナーの様子