ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 文学部 > 社会福祉学科開講科目「災害福祉論」講義報告

本文


社会福祉学科開講科目「災害福祉論」講義報告

災害福祉論 「地域防災対策 その2」

 前回に引き続き,「災害福祉論」の講義報告として「地域防災対策 その2」についてお伝えします。今回は,久留米市社会福祉協議会地域福祉課の塚本健治様にお越しいただき,「地域防災対策-社会福祉協議会の取り組み-」についてお話しいただきました。

塚本さん講義風景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※塚本さんの講義を真剣に聞く学生達

 塚本さんは,緊急対応期(自助・互助による助け合いで支える時期),復旧期(公助や共助も加わり,災害により落ち込んだ自己の力を戻す時期),復興期(多様な生活上のニーズに加え,暮らしを立て直していく時期)等の時間的経過において必要となる活動やニーズ,課題についてお話ししてくださいました。また,久留米市社会福祉協議会における災害ボランティアセンター設置,久留米市民のボランティア活動参加支援,平時からの地域福祉活動「これまでも・これからも社協が目指すもの」について熱く話されました。

社会福祉協議会の取り組みについて質問をする学生
 

 

 

 

 

 

 

 

 

※社会福祉協議会の取り組みについて質問をする学生

 講義を受けた学生は「被災された方の気持ちを汲み取り,ニーズを知って支援することが大切だと感じた」,「社会福祉士として地域の方々に寄り添えるようになりたい」,「被災地を離れ,新しい生活に慣れずにいる人達に対して,その思いに耳を傾けていくことも必要だと思った」,「平時から地域の多様な生活課題,福祉課題の解決に備えた取り組みが必要だと学んだ」「ボランティアと被災者のニーズをマッチングすることは福祉独特のもので大きな役割であると学んだ」等,学生達は災害の局面や時期によって,段階的に必要となる対応やニーズについて,それぞれが福祉的な視点から理解を深める機会となりました。

 

九州北部豪雨災害支援学生ボランティア活動状況

【朝倉市把木東林田地区の災害支援活動に参加した学生の声】

 今回,朝倉で目にした風景は今でも鮮明に覚えています。家は流され崩壊し,元の状態など想像もできないような状況でした。家の中には土砂が流れ込み,土地の形は変わっているように思えました。被災から数週間経った当時でも爪痕が色濃く残っていたのを目の当たりにして衝撃を覚えたことは今でも忘れることができません。

インタビューに応じてくれた土屋君

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ※被災地での活動を話してくれた社会福祉学科4年の土屋佑貴さん

 私は東日本大震災をきっかけに社会福祉士を志しました。連日メディアに取り上げられる被災地の現状を見て,「被災者の今後の生活は誰が支援するのか」と疑問に思い調べた結果,社会福祉士に出会ったのです。漠然と「人の役に立つ仕事がしたい」と思っていた自分にとって社会福祉士の役割はまさに理想でした。そして,その夢を叶えるために久留米大学文学部社会福祉学科に入学しました。入学後も,熊本地震の際には現地に足を運ぶ等,災害ソーシャルワークに対する想いは強まるばかりでした。

 そんな折,今回の災害支援ボランティアの話を聞き,すぐに参加する決意をしました。恐縮ではありますが,私は学生の代表を務めさせていただき,学生として,ボランティアとして,そして何より社会福祉士を志す者として何ができるのかを考えながら被災地へと向かいました。久留米から朝倉へと向かう道中,徐々に変わっていく景色を見て,被災地の現状を思い知りました。自分が住んでいる場所から車で一時間程の朝倉で今もなお悲惨な状態が続いていると痛感したことを覚えています。その事実を受け,より一層このボランティアにかける思いが強くなりました。しかし,炎天下での強い日差し,砂埃を浴びながらの作業は当初思っていたようには進めることができませんでした。そんな自分に悔しさを感じましたが,今振り返ると一歩一歩復興に向けて進んでいくしかないのだと思います。災害支援ボランティアの中で,自分の無力さを感じることが多かったのですが,それでも,限られた時間の中で,ボランティア参加者全員の力で一つの家屋の撤去作業を終えたとき,達成感のようなものを覚えました。それとともに,大きな災害を前にしても皆の力を一つにまとめて関わっていくことで乗り越えていけるように思えました。

 今回の災害支援ボランティアをとおして印象深かったことは,被災地の方々の気丈さでした。あれほど大きな災害に襲われた時の心情は計りしれません。今後の生活への不安も絶えないものだと思います。それでも被災地の方々は前を向き,将来を見据えていました。被災地の皆さんに対して,社会福祉士として何ができるのか,考えるきっかけとなりました。

 私にとって社会福祉士とは,「生活の連続性を保証すること」だと考えています。疾病や障害,社会的障壁等からくる生きづらさに介入し,様々な構造に働きかけることが社会福祉士の役割の一つとされているからです。災害時はまさにこの生活の連続性が保たれていない状況です。だからこそ,災害ソーシャルワークは必要であり,今後も朝倉から得た経験を風化させないことが求められると思います。

(久留米大学文学部社会社会福祉学科4年 土屋佑貴)
 

【お知らせ】
社会福祉学科では九州北部豪雨災害支援を今後も行ってまいります。ご要望,お問合わせ等ありましたら社会福祉学科実習指導室(田中・大野)までご連絡ください。

(平成30年1月10日 水曜日)