ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 地域連携センター > 活動報告 > これまでの活動一覧 > 連携協定先から多くの学生支援が寄せられています

本文


連携協定先から多くの学生支援が寄せられています

本学御井キャンパスでは、新型コロナウイルスの影響を受け経済的に困窮する学生を支援するため、5月から週に1度、ひとり暮らし学生向けに食料品の無償提供を実施しています。食料品を受け取った学生からは、喜びと共に「こんなにたくさん貰えるんですね」との驚きの声も寄せられています。さまざまな団体・個人様からのご協力によりこの取り組みは成り立っていますが、本学と連携協定を結んでいる協定先からも多くのご支援をいただいておりますので、ここにご紹介させていただきます。

(写真左)2018年に包括連携協定を締結した西日本新聞社のグループ会社の「豆吉郎」様より、豆腐ドーナツを多数ご提供いただきました。

(写真中央)包括連携協定締結に向け準備を進めているみやき町より、さまざまな種類の食料品を多数ご提供いただいております。

(写真右)授業科目「協同組合概論」の講師をご担当いただいている「グリーンコープ」様より、さまざまな種類の食料品を多数ご提供いただいております。

pic1pic2pic3

その他にも、日頃より講義や地域活動でお世話になっている多くの関係団体・個人様より多大なるご支援をいただいております。このたびのご支援に対し、心より感謝申し上げます。