ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 千客万来「久大軒」 > 2018年 > 10月 > 43. キャンパスパートナー ― コラム「久大軒」

43. キャンパスパートナー ― コラム「久大軒」


すっかり、秋めいてきた今日この頃。

「芸術の秋」らしく、たまには美術館に出かけたい。

 

ということなら、お任せあれ。

久留米大学には耳寄りな話がある。

学生は、久留米市美術館主催の展覧会を無料鑑賞できるのだ。

 

久留米大学は、石橋文化センター・久留米市美術館の

「キャンパスパートナー」なので、そんな恩恵がある。

 

大学では、実際に市美術館を活用しているようだ。

例えば、異文化体験実習などの授業で、海外の美術が

日本の美術に与えた影響を学生たちに学ばせたりしている。

 

名画を眺めていると心が落ち着くし、願ったりかなったり。

私も絵画が好きで、一時期はまって美術本を乱読していたのを思い出す。

 

久留米大学も複合文化施設の石橋文化センターも

ブリヂストン創業者の石橋正二郎氏が創設に深く関わった。

コラム「久大軒」

美術館隣の石橋正二郎記念館にも無料で入館できる。

時代の変遷などが紹介されていて郷土を知る学びになる。

 

 

※次回は10月16日ごろの掲載です