ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

災害時・緊急時の対応策

a. 災害等の事態が生じた場合
福岡地区または筑後地区に大雨・洪水等に関する警報(特別警報を含む)が、気象庁より発令された場合、当日午前6時までに休校・授業開始遅延等の連絡をホームページに掲載し、一斉メールで登録者に連絡します。生徒は連絡があるまで自宅で待機してください。

b. 事故や災害等による交通機関への影響により多くの生徒が登校困難と判断される場合
西鉄大牟田線が当日朝から運行見合わせとなっている場合は、当日午前6時までに休校・授業開始遅延等の連絡をホームページに掲載し、一斉メールで登録者に連絡します。生徒は連絡があるまで自宅で待機してください。
なお、西鉄大牟田線以外の交通機関については状況に応じて判断します。

※上のa、bの場合で、自宅待機の措置をとった場合
午前10時30分の時点で自宅待機を解除できなかった場合は臨時休校とします。

c. 生徒登校後に、気象台から天候悪化の予報が出され、安全な下校が危惧される場合
下校時間を早めることがあります。 その際は、ホームページに掲載し、一斉メールで登録者に連絡しますので、ご注意下さい。
天候が悪化し安全な下校ができないと判断した場合や交通途絶の場合は、校内一時待機の指示を出し、安全を確認した後に下校とする場合があります。その際も、ホームページに掲載し、一斉メールで登録者に連絡しますので、ご注意下さい。
また、安全に下校することが困難と判断される場合は、保護者と連絡をとり、適切な措置を講じます。

[登校に際しての共通確認事項]
本校は通学区域が広範囲におよび、地域によって状況が異なります。天候不良・自然災害時には、自宅待機が解除された場合でも保護者と相談し安全を確認した上で登校するようにしてください。 安全な登校が危惧される場合や登校困難と判断される場合は、保護者の判断で自宅待機をさせ学校へ連絡してください。その場合は遅刻・欠席となりません。
また、遠方からの通学生で、授業開始に間に合わない場合でも遅刻とはなりませんが、遅刻の可能性がある場合には安全確認のため学校への連絡をお願いします。

 


学校説明会

教育振興基金

学校紹介動画

教職員募集

同窓会

災害時

附設グッズ