ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

Welcome to Cell biology Lab

 

Our section was established since April 2014 by Prof. Shigeaki Saitoh.

We study molecular mechanisms of cell division and proliferation. Our focus is revealing how cells adapt their proliferation to availability of nutrients in the environment surrounding them. In order to understand such cellular adaptation mechanisms, we study how cells sense and adapt to alteration of environmental glucose concentration by using model systems of fission yeast and human tissue culture. We reveal the mechanisms by revealing genes and protein functions involved in the adaptation.

 

3   2

Our group currently has five people, one professor, two assistant professors, and two technical staffs.

Recruiting Graduate School Students

1

 

We are recruiting people who will study in our group as graduate school students. Kurume University has four years Ph.D course and two years master course. We accept students from broad background of undergraduate educations

 

Our institute studies basic life science by using model organisms including yeast, fly, mouse, and human tissue cultures.

 

As science and technology have been proceeding, style of scientific research in the field of life science has been shifting from “individual research” to “team research” which is formed by collaboration of several groups expertizing different fields. To facilitate the “team research” individual scientists need broad scope of sight, knowledge, and way of thinking, which help understanding how the scientific team could work. There, human resources, so called research administrators, that manage research teams in academic and industrial organizations, has been demanded.

 
We provide education to train people who will be able to facilitate the “team research” as independent scientists. Students will be trained in knowledge and practical skills of Molecular Biology and Biological Chemistry that handle cells, genes, and proteins. In addition to these trainings required for individual research, students will have classes that help learning broad aspects of life science including bioinformatics, intellectual property, and scientific communication (writing and presentation), which are essential for the team research.
 

Please contact with Prof. Saitoh (saitou_shigeaki(at)kurume-u.ac.jp) by E-mail if you are interested in our graduate school. Appointment of visiting our laboratory is also welcome.

 

Cell Biology Lab

NEWS (written in Japanese)

13rd - 6th, Dec., 2019, Prof. Saitoh, Dr. Toyoda, and Dr. Ishikawa presented our recent studies on the cellular adaptations to the glucose avilability at the 42th, Annual Meeting of Molecular Biology Society of Japan (in Fukuoka).

 

12019年8~10月 Research Mind Cultivaton Program を行いました。医学科の学生さんたち6名が分子生物学研究を行いました。

 

12019年9月11~13日 第91回日本遺伝学会年会(福井)で石川助教が発表しました。

 

12019年7月30日 福岡県立輝翔館中等教育学校の職業体験を実施しました。

 

12019年7月14~19日 EMBO Workshop on FIssion Yeast 10th International Meetingで齋藤教授、豊田助教、石川助教が発表しました。

 

12019年6月28日 名古屋市立大学の中津海洋一先生に分生研セミナーでご講演いただきました。

 

1 2019年6月27~28日 第9回TOR研究会が久留米シティプラザで開催され、豊田助教が発表しました。

 

12019年4月~ 国際生物学オリンピックに向けて、伊藤想也さん(久留米大学附設高校・3年生)の個別指導を始めました。

 

1 2018年12月25日 齋藤教授の研究者インタビューが大学のホームページに掲載されました。

 

1 2018年10月 1日 石川健さんが助教に着任しました。

 

 

1 2018年9月8日 論文をFEBS Letter誌に発表しました。

Toyoda Y., Akarlar B., Sarov M., Ozlu N., Saitoh S.

Extracellular glucose level regulates dependence on GRP78 for cell surface localization of multipass transmembrane proteins in HeLa cells

FEBS Letter, 2018 Oct;592(19):3295-3304.

私たちの細胞の表面には多くのタンパク質が突き出ており、栄養状態などの環境の変化に適応するために重要な機能を果たしています。私たちは、グルコースが欠乏した環境に対するヒト培養細胞の応答機構を明らかにするためにこの研究を行いました。その過程で、タンパク質が細胞の表面に輸送される仕組みが、グルコースが豊富な環境と、グルコースが欠乏した環境とでは違うことを発見しました。今後、この「違い」を担うタンパク質やメカニズムを明らかにしたいと考えています。

 

1  2018年3月 分子生命科学研究所の移動に伴い、研究室が久留米大学旭キャンパスの基礎3号館へ引っ越しました。

 

1 2017年10月28日 医学科3年生RMCP(Research Mind Cultivation Program)実習で当研究部門に配属された2名の研究発表ポスターがそろって入賞を果たしました。當銘さん、町田さん、おめでとう! 6週間、ふたりとも良くがんばりましたね。

 

1 2017年9月24日~25日 第7回TOR研究会にて豊田助教が発表しました

 

1 2017年9月22日 第203回分生研セミナーにて岡嶋孝治教授にご講演いただきました

 

 

1 2017年9月13日~16日 日本遺伝学会第89回大会にて 齋藤教授がワークショップ

”細胞外環境応答を担うシグナル伝達機構 〜 酵母遺伝学が開く新たな扉” を行いました

 

1
 2017年7月11日 第202回分生研セミナーにて藤光和之博士にご講演いただきました

 

1
 2017年6月15日~16日 代謝勉強会を開催しました

 


 12017年5月14日~19日 9th International Fission Yeast Meeting(カナダにて開催)で齋藤教授、豊田助教が発表しました

 

1
 2017年3月17日~20日 日本農芸化学会2017年度大会で寺田助教が発表しました

 

1
 2016年12月20日 久留米大学 分子生命科学研究所の合同セミナー、忘年会

 


 12016年11月30日~12月2日 第32回分子生物学会にて齋藤教授、豊田助教、寺田助教が発表しました

 

 12016年6月24日 大学院特別講義にて柳田充弘先生にご講演いただきました

 


 1
 2016年4月1日 研究室ホームページをリニューアルしました

 

1
 2016年1月25日 論文をScientific Reports誌に発表しました

Masuda F, Ishii M, Mori A, Uehara L, Yanagida M, Takeda K, Saitoh S.
Glucose restriction induces transient G2 cell cycle arrest extending cellular chronological lifespan.
Sci. Rep. 2016 Jan 25, 6, 19629
細胞外グルコース濃度の急激な変化に応答して細胞分裂周期の進行を調節する新たな分子メカニズムを報告しました。本発見は、細胞が周辺のグルコース環境をモニターして細胞周期の進行を調節する、新規な細胞周期チェックポイントの存在を示唆しています。本研究成果は、がん細胞の増殖を特異的に阻止する治療の開発へとつながるものと期待されます。
論文の紹介へ

 

1
 2015年12月21日 久留米大学 分子生命科学研究所の合同セミナー、忘年会

 

1
 2015年12月11日~12日 第30回香辛料研究会にて寺田助教が発表しました

 

1
 2015年12月1日~4日 BMB2015にて齋藤教授、豊田助教が発表しました

 

1
 2015年11月2日 甲南大学 武田鋼二郎先生が分生研セミナーでご講演くださいました

 

1
 2015年1月15日 論文をMolecular Biology of the Cell誌に発表しました

Saitoh S., Mori A., Uehara L., Masuda F., Soejima S. and Yanagida M.
Mechanisms of expression and translocation of major fission yeast glucose transporters regulated by CaMKK/phosphatases, nuclear shuttling, and TOR.
Mboc 26(2):373-386 (2015)
論文の紹介へ

 
アクセスカウンター
saibou-counter

大学院医学研究科入試情報

細胞工学研究部門

高分子化学研究部門

遺伝情報研究部門