ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文


教員紹介

 

職位・氏名

教授  濵﨑 裕子

専門領域

地域福祉学

主な担当科目

「コミュニティ福祉論」「発達環境論」

メッセージ

地域社会の問題を解決するには?

現代では、社会的な孤立、高齢者虐待、児童虐待、ホームレスなど、家族や地域社会の互いに支え合う機能が低下していることによる問題が多く発生しています。
福祉の視点からこれらに対応し、身近な地域を基盤として行政・専門職と住民とが力を合わせて、そこに暮らす人々の生活問題を解決することを実現するための理論と専門的アプローチを学びます。

濵﨑先生のメッセージ (その他のファイル)(228KB)

濵﨑先生の教員コラム記事

 

 

職位・氏名

教授  園田 貴章

専門領域

教育学,発達支援論

主な担当科目

「発達支援論」「発達検査法」「保育・教職の意義」

メッセージ

子どもの困りに気づき、よりそい、つなげられる保育者を目指して!

知的な遅れのない自閉症スペクトラム、注意欠陥多動症などの発達障害(神経性発達症)の幼児が統計的に増えてきています。自分勝手で何かあるとパニックを起こしたり、他児を叩く、一時もじっとしてないなど、行動の背景にはその子なりの困りが隠れています。
本学科の学習や実習を通して、幼児の行動の背景にある困りに気づき、よりそって支援し、それを園の他の先生方と共有し、さらには小学校にしっかりと引き継げるような保育者となってください。私もそういう皆さんを全力で応援します。

園田先生のメッセージ (その他のファイル)(161KB)

園田先生の教員コラム記事

園田先生作成資料 (PDFファイル)(390KB)

 

職位・氏名

教授  鍋谷 照

専門領域

体育学,健康科学

主な担当科目

「幼児体育」「保育内容(健康)」

メッセージ

健やかな育ちを考えよう!

思いどおりにからだを操ることができる。そんなの当たり前じゃないか!と、みんな思うかも知れない。でも、実は当たり前なんかじゃない。全身には400以上の骨格筋があるけど、この中で使うものと使わないものを選別して動きを作り出している。例えば、スキップ。この動作にも多くの筋肉の連動が必要。この筋肉を使うタイミングが上手くいかないと、へんてこな跳び方になっちゃう。よく、「子どものからだがおかしい」と耳にする。でも、これって、出来ない子どもだけの責任かな?身体を動かす環境を整えてこなかった大人の責任も大きいんじゃないかな?健やかな子どもの成長に影響を及ぼす環境や教育の作用を考えてみたいと思っています。

鍋谷先生のメッセージ (PDFファイル)(248KB)

鍋谷先生の教員コラム記事

 

職位・氏名

教授  中山 由里

専門領域

器楽(ピアノ),音楽教育学

主な担当科目

「器楽」「保育内容(表現)」

メッセージ

子どもにとって「音楽表現活動」とは?

子どもたちの音楽表現活動において、保育者の音楽的表現力は子どもの音楽的活動を活性化させ、活動の質を高める上で大きな役割を果たすものです。
保育の領域の一つである「表現」のねらいに沿った音楽の捉え方や保育現場での取り上げ方について、演習を通して理解を深めていきます。また、幼児の発達段階に即した表現活動や、保育現場における音楽表現のあり方について考えてみましょう。

中山先生のメッセージ (その他のファイル)(180KB)

中山先生の教員コラム記事

 

職位・氏名

准教授  原子 純

専門領域

児童学,乳幼児教育学

主な担当科目

「教育実習(幼稚園)」「子どもと環境」

メッセージ

The Sense of Wonder 

センス・オブ・ワンダーとは、「神秘さや不思議さに目を見はる感性」と訳されたりします。
その内容には深い意味(想い)が込められているように感じます。
子どもは無限の可能性を秘めています。そして、子どもと一緒に過ごせる笑顔にあふれた保育者も同じように、未知なもの、神秘的なもの、美しいものetc に“感動”するココロ、感性を育み、子どもと一緒に様々なことを探求してみてはいかがでしょうか。

原子先生メッセージ(PDFファイル)(247KB)

原子先生の教員コラム記事

 

職位・氏名

准教授  小津 草太郎

専門領域

発達心理学(乳幼児期の心理発達)

主な担当科目

「保育と教育の心理」「乳幼児発達の基礎」

メッセージ

子どもたちの真の支えとなる「おとな」を目指して

保育の心理学では、乳幼児期の子どもの育ちとその意味、そして、それを支える大人(家族、保育者)の役割について学びます。
こころやからだの育ちを理解し、支援する方法を専門的に学び、個性ある子どもたちの “ほんとうの成長” を支えられる専門家を目指してみませんか。

小津先生のメッセージ (その他のファイル)(208KB)

小津先生の教員コラム記事

 

職位・氏名

講師  秦 佳江

専門領域

社会福祉学

主な担当科目

「社会福祉学概論」「児童福祉論」「保育実習指導」

メッセージ

安心や幸せを支える保育士になろう!

保育士は、子どもや保護者にとって身近な存在です。その分、子どもや保護者の困りごとに気づきやすい存在と言えます。こうした困りごとに気づいた時、保育士としてどのようなことができるでしょうか。
子どもや保護者が安心して、幸せを感じながら生活を送ることを支える、社会福祉の知識や技術、価値・倫理の基礎を一緒に学びましょう。「一緒に」学ぶことで、多様な価値観があることや相手に調子を合わせるといった関係形成の基礎を学ぶこともできますよ。

秦先生のメッセージ (その他のファイル)(190KB)

秦先生の教員コラム記事

 

職位・氏名

助教  諫山 裕美子

専門領域

幼児教育学保育学

主な担当科目

「保育インターンシップ」「教育実習指導

メッセージ

子どもが真ん中にいる保育の世界へようこそ!

乳幼児教育において保育者は、子どもがあるがままに生きる姿を見守り、環境を整え、時にはそばに寄り添いながら子どもの発達を支えています。その保育の面白さ、すばらしさを一緒に考えていきましょう。
保育実習・教育実習では、子どもが生き生きと生活する中の一員として加わらせていただく、貴重な時間です。子どもが何を思い、どのようにそこにいるのか。保育者はその育ちをどう支えているのか。自身の心と体でしっかりと受け止め、専門性へとつなげていける実習となるように、準備もしっかりと行っていきます。

諫山先生のメッセージ (PDFファイル)(269KB)

諫山先生の教員コラム記事

 

 

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)