ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 久留米大学のイイネ! > 就職決定率96.7% > 入学から卒業まで、充実のキャリア支援

本文

入学から卒業まで、充実のキャリア支援

あなたの潜在能力を引き出す就職活動サポート / 社会に羽ばたいた卒業生たち

TOPICS

 就職力

 OBOG

あなたの潜在能力を引き出す就職活動サポート

久留米大学では、実社会で活躍する力はもちろん、学生が抱く夢への扉を確実に開くためのキャリア支援制度が整っています。
キャリア教育、インターンシップ、資格取得、就職活動サポートなど、着実にキャリアアップできるきめ細やかなサポートが久留米大学の大きな魅力の一つです。

入学から卒業まで、充実のキャリア支援

本学では「キャリアは自立した人間の仕事を含めた人生のあり方」と考え、キャリア教育科目を全学共通教育科目として誰でも自由に学べます。1年からのキャリア教育、講義外のキャリア支援プログラム、そして、3年からの進路・就職支援プログラムなど入学から卒業まで「キャリア」を軸に教育と支援の充実を図っています。

学年ごとのキャリア支援一覧

 

自分にベストな将来を探る! 【キャリア教育】

本学のキャリア教育は就職部と基盤教育研究センターが一体となって取り組んでいます。将来の豊かなキャリアを選択するために1年次からの体系的な教育プログラムを行い、キャリア教育から就職支援へつながるようサポート。3年次からは就職・キャリア支援課を中心に一人一人の希望実現へ教職員一丸となって力を注いでいます。

授業の様子

詳しくはこちら

「働く」体験から自分を見つめる 【インターンシップ】

本学では、春季・夏季の長期休暇を利用したインターンシップが充実。企業・多種多様な事業所で実際の仕事に触れながらチームで取り組む力を身に付け、社会人としての必要なスキルを知り、社会生活の基礎力強化を目指します。正課授業の他に、自主的に参加できるインターンシップも大学独自に開拓。多様な仕事、職域から将来の道を定めることができます。

インターンシップ中の学生

詳しくはこちら

大学生活で学んだ証を「資格」という形に 【資格取得講座】

文系学部の全学生を対象とした資格取得講座を数多く開講しています。また、合格者に受講料の一部を表彰金として還付する「課外講座資格取得表彰制度」や各学部での「資格・検定試験受験経費補助金」など学生が資格を取得するための強力なバックアップ制度が整っており、将来の就職や社会人としての幅広い目標に生かすことができます。

課外講座資格取得表彰

詳しくはこちら

あなたの潜在能力を引き出す 【就職活動サポート】

御井本館にある就職・キャリア支援課では、最新の資料や情報が集まる拠点として、就職活動のバックアップを行っています。実社会で活躍するOB・OGの相談会をはじめ、各種ガイダンスや講座、個別面談、各業界の専門家からアドバイスを受ける機会なども多く、公務員や金融機関など競争率の高い就職先についても、しっかりと結果につながる強力な就職サポート体制が整っています。

教員による指導の様子

詳しくはこちら

学生アドバイザー

進路選択や就職活動の準備、内定獲得のポイントなど先輩 が実体験をもとにアドバイスを行います。就活生の不安や疑問を解決するアドバイザー制度です。

学生アドバイザー

 

社会に羽ばたいた卒業生たち

さまざまな視点から保育を学ぶことで、大きな成長につながりました

人間健康学部卒業 山田さん

山田 瑠花さん

2020年度 人間健康学部総合子ども学科卒業
(熊本県 文徳高等学校出身)

学校法人 みゆき学園 幼保連携型認定こども園 恵水幼稚園

総合子ども学科では、医学・心理学・社会学・福祉学の4つの視点から子どもや保育について学ぶことができました。特に医学部の先生による講義で「文医融合」の知識や技術を身に付けられたことは、とても有意義な学びだったと思います。また、大学病院小児科病棟での見学・実習では、病棟保育士さんからお話を聴いたり、入院している子どもたちと直接関われた経験をとおして、「一つのことに対して多方面からアプローチできるように視野を広げる大切さ」を学びました。地元・熊本からの新幹線通学は大変でしたが、自身の成長を実感できる4年間だったと思います。

学ぶことで視野が広がり、「医療業界」という進みたい道を見つけました

人間健康学部卒業 谷嶋さん

谷嶋 歩さん

2020年度 人間健康学部スポーツ医科学科卒業
(長崎県 長崎東高等学校出身)

島津メディカルシステムズ株式会社

久留米大学には医学部があるため、スポーツ医科学科ではスポーツや運動のことだけではなく、医学的な学びもありました。そういった学びを通じて興味の幅が広がり、就職を考えたときに医療業界で働きたいと思うようになりました。人間健康学部に進学していなければ医療業界の道を志すこともなかったと思うので、「自分のやりたいこと」を見つけられたという意味でも本当に良かったと感じています。また、ゼミ活動では大好きなプロ野球に関する調査を行い、自分の興味があること、知りたいことを研究できたので、とても印象的で忘れがたい経験になりました。

心理士(師)として自分にできることを常に考えています

文学部卒業 伊藤さん

伊藤 萌恵さん

2017年度 文学部心理学科卒業
2019年度 大学院心理学研究科修了
(福岡県 祐誠高等学校出身)

医療法人財団 友朋会 嬉野温泉病院

私は現在、心理士(師)として精神科病院に勤務し、主に児童思春期を対象に支援を行っています。在学時、発達障がいを抱える子どもの社会適応を目的としたボランティアや、病院・療育施設等の実習に参加し、心理学の知識や技術だけでなく、「自分にできることは何か」を考え続けるといった心理士(師)としての在り方も学びました。支援の中で常に変化していく子どもの状態を考察し、その中で自分にできる支援を考えていく視点は、仕事の中でも大切なものになっています。

ゼミの学びから自分のやりたいことを見つけられました

法学部卒業 松本さん

松本 結花さん

2017年度 法学部国際政治学科卒業
(福岡県 筑紫高等学校出身)

エフコープ生活協同組合

私は久留米大学法学部を卒業し、現在はエフコープ生活協同組合に勤務しています。在学時のゼミで、豊後高田市「昭和の町」の地域発展について学んだことをきっかけに、「私も地域おこしに関わりたい」と思うようになり、将来やりたいことを見つけられました。志望するエフコープに入協できたのも就職・キャリア支援課の手厚いサポートのおかげでしたし、大学時代に学んだ知識と経験すべてが今の仕事に生かされていると思います。

仕事の決め手にもなった「学ぶ」楽しさを知れる大学生活でした

経済学部卒業生 浅野さん

浅野 絢さん

2014年度 経済学部経済学科卒業
(福岡県 春日高等学校出身)

中外製薬株式会社

私は、製薬会社の営業(MR)として医師やコメディカルに医薬品情報を提供しています。医療従事者の方と患者さんに最適な治療は何か、ディスカッションを重ね、医薬品の適正使用活動に努めています。勉強量が多く、仕事は大変ですが、命に係わる仕事として、やりがいを感じています。大学時代には、講義や海外研修、経済をテーマにディベートをするサークル活動が私に多くの気づきを与えてくれたと感じています。久留米大学は学びたいという気持ちがあれば、幅広い活動や経験ができる場所だと思います。

久留米大学だったから、今の私がある

商学部卒業 山田さん

山田 空良さん

2017年度 商学部商学科卒業
(佐賀県 佐賀商業高等学校出身)

株式会社福岡銀行

私は高校の時から会計に興味があり、久留米大学商学部への進学を選択しました。大学では、会計学の授業を中心に受講して知識を深めるとともに、ゼミでは人的資源管理といった経営学系の分野も学ぶことができました。大学時代に学んだ知識は、仕事において非常に大きな武器となっています。また、資格取得や就職活動の支援が手厚いことも、充実した学生生活を過ごすことができた大きな要因であり、久留米大学商学部へ進学したからこそ今の自分があります。

臨床医人生の第一歩を歩みだした自分を振り返って

医学部医学科卒業 片岡さん

片岡 寧々さん

2019年度 医学部医学科卒業
(熊本県 真和高等学校出身)

久留米大学病院

私は久留米大学を卒業し、現在は久留米大学病院で初期臨床研修を行っています。指導医の先生方も非常に熱心に指導してくださるので大変充実した研修医生活を送ることができています。久留米大学だけでなく色々な大学から研修医が集まっていたり、1年目と2年目が同じ研修医室で過ごすことが多いので、さまざまに情報交換をしたり、共に勉強したりしながら毎日を過ごしています。これからもこの初期研修で学んだことを生かして、患者さんの支えとなる医師を目指し日々研鑽に励みたいと思います。

医療が進歩しても 看護の本質は変わらない

医学部看護学科 杉島さん

杉島 寛さん

2003年度 医学部看護学科卒業
(福岡県 八女高等学校出身)

久留米大学病院

看護学科を卒業して、現在は高度救命救急センターを経て、サージカルICUで主任看護師、また集中ケア認定看護師として働いています。医療が日々進歩していることを実感しており、看護師には柔軟な姿勢と幅広い視点が必要になってきていると感 じています。しかし、患者さんを捉えるという看護の基本の部分は変わっていません。在学中は、講義や演習などが充実しており、看護の本質について考える機会に恵まれていたと思います。それが今の看護の基盤になっています。

バックナンバー

OBOG

関連リンク

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)