ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文


学部長挨拶

科学的視点で人間を知り、人々の健康を支えるエキスパートになる

人間健康学部は、文医融合型の学際的な学部として2017年に開設され、2020年度で完成年度を迎えました。我々人間の存在そのものに関心を持ち、人間の理解と健康の探求をとおして、地域に貢献する実践的人材を育成することを学部の理念としています。健康は人類共通の願いであり、世界で最初に超高齢社会を迎えた日本において、健康寿命の延伸は喫緊の課題でもあります。

総合子ども学科は子どもの健やかな成長を支える保育、スポーツ医科学科はスポーツや運動をツールに人々の健康増進や病気の予防に寄与する、まさに現代社会が必要とする人材を育てる学部です。

文医融合の教育体制のもとで、保育士、トレーナーや教師といった、人に関わり、教育・指導する立場となる皆さんが、人間を科学的な視点で捉える医学の知識を得ることは、将来、実践的な資格を持ち活動する際の考え方や技術を支える大きな力となるでしょう。

4年間の学修で、幅広い教養と専門性の高い知識と技術を得て、自ら考え行動し、社会に貢献できる、自立した強い人に成長することを期待しています。

 

人間健康学部長 吉田典子 

人間健康学部長 吉田 典子