ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 医学部看護学科 > 本学の在宅看護講師の渡邉理恵先生が開発した医療的ケア児のモデル人形についての記事が西日本新聞に掲載されました

本文


本学の在宅看護講師の渡邉理恵先生が開発した医療的ケア児のモデル人形についての記事が西日本新聞に掲載されました

4月19日(月曜日)本学の在宅看護講師の渡邉理恵先生が開発した「医療的ケア児(医ケア児)のモデル人形」についての記事が西日本新聞に掲載されました。
これまで、乳児の気管切開の管理・ケアに関する技術修得を行うための教材はなく、今回、このモデル人形を活用することにより、家族や訪問看護師、介護職などが、技術修得を直接確認し合いながら行え、安全で安心して支援が出来る事を目指します。
現在、人形は訪問看護ステーションなどに無料で貸し出しを行っており、職員研修等に活用され始めています。また、今後、改良も続ける予定です。

dakko  kyuuin  himo

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)