ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 入試情報 > 入試情報 > 不正行為等の取扱い > 不正行為等の取扱いについて

本文


不正行為等の取扱いについて

 

不正行為等の取扱いについて

(1)次のことをすると不正行為となります。不正行為を行った場合は、その場で受験の中止と退室を命じられ、それ以後の受験はできなくなります。また、受験した全ての成績を無効とします。なお、警察に被害届を出す場合があります。

 

ア. 出願において故意に虚偽の情報を登録(記載)したことにより、登録(記載)した情報をもとに作成される志願票、照合票に虚偽の内容があった場合や解答用紙へ故意に虚偽の記入(解答用紙に本人以外の受験番号を記入することなど。)をすること。

イ. カンニング(カンニングペーパー・参考書・他の受験者の答案等を見ること、他の人から答えを教わることなど。)をすること。

ウ. 他の受験者に答えを教えたりカンニングの手助けをすること。

エ. 配付された問題冊子を、その試験時間が終了する前に試験室から持ち出すこと。

オ. 解答用紙を試験室から持ち出すこと。

カ. 「解答始め。」の指示前に、問題冊子を開いたり解答を始めること。

キ. 試験時間中に、携帯電話、スマートフォン、ウェアラブル端末、タブレット端末、電子辞書、ICレコーダー、イヤホン、音楽プレーヤー等の電子機器類を使用すること。

 ※イヤホンについては、耳に装着していれば使用しているものとします。(試験時間中、病気・負傷や障害等により補聴器等を使用したい場合は、受験上の配慮申請が必要です。詳細は本学ホームページを参照してください。)

ク. 試験時間中に、定規、コンパス、電卓(簿記科目受験者除く)等の補助具を使用すること。

ケ. 「解答やめ。鉛筆や消しゴムを置いて問題冊子を閉じてください。」の指示に従わず、鉛筆や消しゴムを持っていたり解答を続けること。

 

(2)上記(1)以外にも、次のことをすると不正行為になることがあります。指示等に従わず、不正行為と認められた場合の取扱いは、上記(1)と同様です。

 

ア. 試験時間中に、携帯電話、スマートフォン、ウェアラブル端末、タブレット端末、電子辞書、ICレコーダー、イヤホン、音楽プレーヤー等の電子機器類や定規、コンパス、電卓(簿記科目受験者除く)等の補助具をかばん等にしまわず、身に付けていたり手に持っていること。

イ. 試験時間中に携帯電話や時計等の音(着信・アラーム・振動音など。)を長時間鳴らすなど、試験の進行に影響を与えること。

ウ. 試験に関することについて、自身や他の受験者を利するような虚偽の申出をすること。

エ. 試験場において他の受験者の迷惑となる行為をすること。

オ. 試験場において試験監督者等の指示に従わないこと。

カ. その他、試験の公平性を損なうおそれのある行為をすること。