ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文


学部学科Q&A

文学部 人間健康学部 法学部 経済学部 商学部 医学部医学科 医学部看護学科 臨床検査専門学校

文学部 Q&A

心理学科 情報社会学科 国際文化学科 社会福祉学科

心理学科

Q1 久留米大学の心理学科の強みはなんですか。

A1 知覚・認知・教育・発達・社会・健康・臨床心理学の専任教員がいることです。専任教員だけでこれほどの分野を網羅している大学は珍しく、全国的にも屈指の専門性の高さを誇っています。

Q2 様々な心理学の違いはなんですか。

A2 「○○心理学」の「○○」は、その心理学が扱う対象を表しています。心の世界をさまざまな視点から研究しています。

Q3 どのような講義がありますか。

A3 基礎心理学から応用心理学まで幅広く学べるカリキュラムとなっています。「心理基礎演習」や「心理学実験」など研究の一連のプロセスを体験できる科目、「心理演習」など心理援助の技法を実践しながら学べる科目、学校・福祉施設などで心理学の知識を実践する「心理インターンシップ」などがあります。

Q4 数学は必要ですか。

A4 入試で数学を選択しないことも可能です。しかし、心理学を学ぶためには、心理統計という数学的思考を必要とする分野が必須となります。そのため、是非とも数学は学んでおいてください。

Q5 各学年でどのような勉強をしているのでしょうか。

A5 1年生で大学における学びの基礎や一般教養を中心に学習し、2年生から心理学に関する講義・演習が本格的に始まり、3・4年生に卒業論文を作成するためのゼミがあります。

Q6 心理インターンシップとはどのようなものですか。

A6 座学で学んだ心理学が実践の場でいかに活用されているかについて、学校や福祉施設などで実習をしながら考える科目です。この実習を通して、科学的思考や仲間と学び合う態度を培います。

Q7 卒論は難しいですか。

A7 大変難しいですが、本学心理学科における4年間の集大成です。3・4年生のゼミで指導教員の指導を受けながら、仮説を設定し、実験・調査を行ってそのデータを分析した後、得られた結果について解釈していきます。

Q8 臨床心理士の資格は取れますか。

A8 一般的なルートとして、「公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会」の指定大学院または専門職大学院を修了して受験資格を得た上で、「臨床心理士資格審査」に合格する必要があります。本学大学院心理学研究科は、第1種の指定大学院ですので、修了すると臨床心理士の受験資格が得られます。

Q9 臨床心理士の資格を取ったらどのような職業に就職できますか。

A9 No.17の回答と同じ

Q10 公認心理師とはどのようなものですか。

A10 心理職の国家資格です。こころの問題に直面して支援を求めている人や、そうした支援を求めている人の周りにいる人たちを支える役割をします。また、こころの健康に関する情報提供もします。

Q11 公認心理師になるにはどうしたらいいですか。

A11 現在の高校生が公認心理師になるには、2つのルートがあります。1つめは、大学で公認心理師に必要な科目を修めて卒業してから、大学院で公認心理師に必要な科目を修めて修了して受験資格を得た上で、「公認心理師試験」に合格するルートです。2つめは、大学で公認心理師に必要な科目を修めて卒業してから、文部科学大臣・厚生労働大臣が認めた施設で一定期間の実務経験を積んで受験資格を得た上で、「公認心理師試験」に合格するルートです。ただし、2つめにある実務経験を積める施設はまだ非常に少ないため、1つめのルートが一般的です。

Q12 スクールカウンセラーになることはできますか。

A12 学部を卒業して一定の経験を積み、スクールカウンセラーの業務をしている人もいないわけではありません。しかし一般的には、大学院に進学して公認心理師や臨床心理士などの資格を取得をした後、スクールカウンセラーとして働きます。

Q13 どんな資格が取れますか。

Q13 本学心理学科では、教諭、司書、学芸員などさまざまな資格を取得できます。詳しくは、大学案内の心理学科のページをご覧ください。

Q14 どんな就職先がありますか。

A14 本学心理学科の学生の多くが一般企業に就職し、公務員や教員になる場合もあります。学部卒で心理学に直接関わる就職先を見つけるのは難しいです。詳しくは、大学案内の心理学科のページをご覧ください。

Q15 学部で取った資格を活かした職業に就職は可能ですか。

A15 資格にもよります。代表的なものに、教員免許があります。

Q16 医療関係の進路に進むことはできますか。

A16 可能です。ただし、あなたの意欲と努力次第です。

Q17 大学院を卒業した場合の就職先はどこがありますか。

A17 本学大学院心理学研究科の院生は、病院、学校、福祉施設、国家公務員、地方公務員など、保健・医療、教育、福祉、司法・犯罪、産業・労働の幅広い分野に就職しています。

Q18 大学院進学について教えてください。

A18 学部4年間の教育内容を十分に修得できていれば、きっと大学院に合格できるはずです。大学院入試を受験するときは、心理学に関する専門知識とともに、英語にも慣れておいてください。

Q19 大学院ではどのような授業がありますか。

A19 本学大学院心理学研究科は、2つの専攻(人間行動心理学・臨床心理学)に分かれています。人間行動心理学専攻では、知覚・認知・教育・発達・社会といった心理学研究について学び、研究職および専門職に活かせる科学的・論理的な思考法や分析技術を身につけます。臨床心理学専攻では、公認心理師・臨床心理士の受験資格を得るためのカリキュラムが組まれています。修士論文作成のための授業は、両専攻にあります。

Q20 総合型選抜の内容はどのようなものですか。

A20 本学心理学科では、模擬授業と口頭試問および面接を行います。詳しくは、入試ガイドの心理学科のページをご覧ください。

Q21 総合型選抜の対策方法を教えてください。

A21 心理学という学問そのもの、そして本学心理学科に関する情報収集を入念に行った上で、本学科で心理学を学びたい理由を明確にしてください。また、模擬授業や面接に備えて、論理的思考力やコミュニケーション能力を養ってください。

Q22 勉強・アルバイト・サークルの両立はできますか。

A22 あなたの意欲と努力次第です。両立できる人もいますし、両立できない人もいます。両立できる人が圧倒的に多いと思います。

その他のQ&Aはこちら

情報社会学科

Q1 どのようなことが勉強できますか。

A1 情報社会学科では、社会の仕組みや情報の使い方を学ぶとともに、情報にまつわる技術を身につけ、社会で求められる知識やスキルを学べます。 「情報」にはパソコンやインターネット、スマートフォンなどを使って得られるデータもありますが、実地に行ったり、実物に触れたりすることでたくさんの情報が潜んでいることがわかります。情報社会学科では、座学だけで学ぶのではなく、私たちの身のまわりにある「社会」に実際に出かけて行って、自分の目や耳で得た情報を通じて社会の仕組みを理解してもらいます。情報が関わるものであれば、「何でも対応OK」というのが情報社会学科の特長で、学びたいテーマは幅広く選べます。さらに、情報社会学科は少人数で家族的な雰囲気なので、教員がいつも身近にいて親身になって一緒に考えるのももう一つの特長です。

<情報社会学科で身につくチカラ>
・リサーチ力→情報を調べ分析できる
・プレゼンテーション力→情報を表現できる
・コラボレーション力→仲間と協働して何かを作り上げる
・IT力→情報機器を活用できる
・キャリアデザイン力→自分の進路を設計できる

Q2 どのようなPCスキルが身につけられますか。

A2 情報社会学科では、学生ひとりひとりの志向に応じて、さまざまなコンピューター関係の講義や演習科目などを用意しています。それらを通じて、以下のことができるようになります。
1) 基礎的なMicrosoft Office製品(Word・Excel・PowerPointなど)やインターネット、その他コンピュータシステムの利用の仕方はもちろんのこと、それらの能率的な利用方法が身に付きます
2) 発展的な学修により、プログラミングの基礎的なスキルを身に付けることができます
3) 同じく、Webページのさまざまな仕組みの作成スキルを身に付けることができます
4) 「ITパスポート」の内容に準じた講義科目を準備しているため、コンピュータの基礎的な理論を身に付けることができます
こうした基礎的な理論を理解すると、未知のソフトウェアへの対応なども円滑になります。

Q3 理系学部と情報社会学科の違いは何ですか。

A3 情報社会学科と他の情報系理工系学部・学科では、卒業時に授与される学位の種類とカリキュラムの構成に大きな違いがあります。情報系の理工系学部・学科では卒業時に取得できる学位は学士(工学)など理工系の学位が中心になりますが、情報社会学科では学士(社会学)になります。この違いはカリキュラムにもあらわれていて、理工系学部・学科では情報科学やコンピューター工学などの方法論を主に学びますが、情報社会学科では「社会」という対象を学ぶことに主眼があり、そのための方法論は情報科学やコンピューター工学以外にもさまざまに用意されています。

Q4 放送制作の授業について教えてください。

A4 情報社会学科では放送製作を「放送制作実習演習」で学びます。この授業は、情報社会学科の専門科目の一つで、2名の講師が2クラスに分かれて担当します。アナウンサー出身の講師は、基本的な日本語力を磨きながら「話す」「聴く」というコミュニケーション力=「伝える力」を養成し、「地域を知る」ための学習成果をコミュニティFMという公共の電波で放送することを目指します。現役の放送局ディレクターも務めている講師からは、ラジオだけでなく広く現代の放送メディアを通して「伝える」ことを学びます。そのために、番組作りの考え方や企画の組み立て方、取材の方法、編集やナレーションなどの制作活動を経験し、情報発信の企画・制作、イベントの進行・制作などを通してメディアを使ったコミュニケーションができるようになることを目指します。

Q5 理系でも入学可能ですか。

A5 情報社会学科では、毎年理系志望の学生も入学しています。なお、情報社会学科と他の情報系理工系学部・学科では、卒業時に授与される学位の種類やカリキュラムの構成などに大きな違いがあるので、上記3の「理系学部と情報社会学科の違い」をよく理解して、自分の志向にあった学部・学科の選択をお勧めします。

Q6 どのような資格が取れますか。

A6 情報社会学科ではさまざまな資格が取れますが、特に以下の領域に力を入れています。
社会調査系:「社会調査士」「社会調査実務士」(アンケート調査やインタビュー調査などの企画・実施・分析ができるようになります)
情報系:「上級情報処理士」(必修科目をクリアすれば2年生修了時に取得可能です)、「ITパスパート」(資格取得対策のための授業が開講されています)
ビジネス系:「サービス接遇実務士」「秘書実務士」「サービス接遇検定準1級」など(ビジネス系検定試験や就職対策にもなる授業が開講されています)
教員免許:中学校教諭一種「社会」、高等学校教諭一種「公民」
図書館司書:図書館司書、学校図書館司書教諭免許
学芸員:博物館学芸員
その他:日本語教育学(副専攻)課程

Q7 図書館司書資格について取得のための単位の取り方を教えてください。

A7 情報社会学科で、図書館司書資格を取得するためには、卒業に必要な通常の単位以外に、必修13科目(22単位)と選択2科目以上(2単位以上)を合わせた15科目以上(24単位以上)の単位を取得する必要があります。これらには、必修科目・選択科目ともに1年次から受講できる科目と2年次から受講できる科目が半分ずつあります。学部・学科の専門科目と時間割が重なる場合にはそれらの履修が優先されるため、図書館司書資格取得に必要な単位を2年次の終わりまでにすべては取れない学生が出てくることもあります。その際には、3年次と4年次で必要な授業を受けて残りの単位を取ることになります。

Q8 図書館司書資格を取得した場合、どのような就職先がありますか。

A8 情報社会学科で図書館司書資格を取得し図書館に就職する場合、就職先が公共図書館(県立・市立・町立・村立)、大学図書館(国立・公立・私立)、学校図書館(小・中・高)で少しずつ事情が異なります。公共図書館では、公務員試験を合格した場合は県や市などの正規職員(公務員)になりますが、働く部署は図書館に限られることはなくローテーションで異動する場合が多いです。国立大学の図書館は、地域ブロック(例えば九州)ごとに図書館職員の採用試験があります。なお、公共図書館、大学図書館(国立以外)、学校図書館の募集の多くは、非正規雇用です。

Q9 出版関係に就職することはできますか。

A9 情報社会学科を卒業して、出版関係の企業に就職して活躍している卒業生もいますが、かなり狭き門です。なぜなら、出版業界はどの学部からの応募も可能であることと、大卒採用が多いため入試以上に採用試験の選考が厳しいからです。出版関係で働いている先輩たちは、在学中から学業だけでなく、授業外活動やインターンシップにも積極的に参加していました。出版業界を目指す人は、入学後も継続的に、主体的かつ能動的な学習態度が求められます。

Q10 マスコミ関係に就職はできますか。

A10 情報社会学科を卒業して、マスコミ関係の企業に就職した先輩もいます。一言に「マスコミ」と言っても範囲が広いので、自分がマスコミのどのあたりの仕事を目指しているのかを考えましょう。また適性についても…コミュニケーションは相手にきちんと自分の意思を伝えることから始まります。本学で開講されている「ジャーナリズム論」「マスコミュニケーション論」「放送制作実習演習」などの授業を通して、業界で活躍する先生方から早めにアドバイスをもらうといった就職対策に積極的に取り組むのも一つの方法です。

その他のQ&Aはこちら

国際文化学科

Q1 久留米大学国際文化学科の強みは何ですか。

A1 国際文化学科の強みは、なんといっても学生自身が関心を持った日本や世界のさまざまな文化について、勉強が深められるところです。高校では語学・文学・歴史について、「英語」や「世界史」といったような科目ごとに勉強を進めていきますが、国際文化学科では、例えば「英語の歴史」とか「中世の日本文学が現代の舞台芸術に与えている影響」とか「ジャマイカのレゲエ音楽」といったように、高校のいずれの科目でも扱われていないテーマについて深く学ぶことができます。海外に長期留学した経験のある教員が多く、実体験に基づいた話が多く聞けるところも、学科の強みです。このような学びを通し、国際化する現代社会で特に必要とされている異文化理解の力を身につけることができます。

Q2 国際文化専攻と英語コミュニケーション専攻の違いは何ですか。

A2 国際文化専攻は、言語(日本語を含む)・文学・歴史をベースに、文化に関する学びを広げていきたい学生さんに向いている専攻です。また、外国人に対する日本語教育のスキルが学びやすい環境が整えられています。これに対し、英語コミュニケーション専攻は、英語圏の社会や文化に関する勉強を深めながら英語力を集中的に鍛えたい学生さんに向いている専攻です。英語圏の社会や文化についての勉強や英語力の強化は国際文化専攻に所属しても可能ですが、ネイティブの教員に日常的に触れる機会は英語コミュニケーション専攻の学生の方がずっと多くなっています。

Q3 学芸員の資格を取得することはできますか。

A3 どちらの専攻を選んでも、取得することができます。資格を取りたい場合は、同資格課程の必修科目に加え、文化史・情報、考古学、美術という3つの系列の授業の中から2系列以上の授業を、遅くとも3年次までには一定数受けて単位を取得する必要があります。その後、各地の博物館などに実習に行くことになります。資格取得を希望する場合は、1年次から取り組まないと時間割の関係で資格取得が難しくなってしまいますので、気をつけてください。詳しい情報は、入学時に配布される「学修ガイドブック」に掲載されています。

Q4 教職の資格を取得することはできますか。

A4 国際文化専攻では、高等学校教諭一種(国語・地理歴史・英語)及び中学校教諭一種(国語・社会・英語)を取得できます。英語コミュニケーション専攻では、高等学校教諭一種(英語)及び中学校教諭一種(英語)を取得できます。また、小学校教諭一種については、中学校・高等学校いずれかの教職課程を履修の上、教育連携を行う佛教大学通信教育課程にて所定の科目を修得することで取得できます。免許状の取得にあたっては、所定の教職関連の授業を受講して単位を取得した後、教育実習に参加する必要があります。

Q5 カリキュラムについて教えてください。

A5 どちらの専攻を選んでも、1・2年次は各専攻で教養として重視されている科目や、パソコン操作など現代社会で必要とされている基礎的なスキルや知識を習得するための科目を中心的に履修します。これらの勉強をふまえ、2年次の11月に、3年次から所属する「ゼミ」を選択します。この通称「ゼミ選択」は、学科のどの教員に卒業論文の指導をしてもらいたいかを決める作業であり、同時に、大学生活の集大成として何について特に深く学んで卒業論文を書くかを決める作業でもあります。この選択に基づいて、3年次以降はより専門的な勉強を深めていくことになります。

Q6 どのような講義がありますか。

A6 英語コミュニケーション専攻の学生が受ける講義には、英語圏文学や英語圏文化に関する講義に加え、英語表現と日本文化に関する講義、英語学や英語語用論に関する講義、宗教人類学や現代の外国事情に関する講義があります。国際文化専攻の学生が受ける講義には、日本語表現、言語学、日本文学、日本史に関する講義に加え、中国史、韓国史、西洋史、中国文化、ドイツ文化、フランス文化、イスラム文化に関する講義や、美術史や地理学、考古学の講義などがあります。

Q7 どのようなゼミがありますか。

A7 国際文化専攻には、日本語を扱うゼミが1つ、日本文学を扱うゼミが2つ、日本史を扱うゼミが1つ、言語学および外国人に対する日本語教育を扱うゼミが1つ、中国を扱うゼミが1つ、韓国を扱うゼミが1つ、欧米を扱うゼミ(日本と東アジア以外をを扱うゼミ)が2つあります。英語コミュニケーション専攻には、英語圏の社会や文化及び英語教育を扱うゼミが3つ、英語圏文学を扱うゼミが1つ、英語圏及びその他の国の文化を文化人類学の視点から扱うゼミが1つ、英語学及び英語教育を扱うゼミが1つあります。

Q8 歴史について研究できますか。

A8 英語コミュニケーション専攻を選んだ場合は、英語圏の歴史を研究することになりますが、国際文化専攻を選んだ場合は、英語圏に加え、英語圏以外の多くの地域の歴史について研究することができます。特に専門的に学べるのは、日本史、韓国史、中国・台湾の歴史、ヨーロッパ各国の歴史、アメリカの歴史です。ロシアやオーストラリア、ラテンアメリカ、アフリカ、東南アジアなどの歴史も学べますが、学科の教員が専門とする範囲からは外れるため、これらの地域の勉強がしたい場合は、他学部の教員の助言を得たりして学びを深めることになります。

Q9 ヨーロッパの文化を学ぶことはできますか。

A9 イギリスなど英語圏の文化については英語コミュニケーション専攻で学ぶことができますが、英語圏以外のヨーロッパ各国の文化については、国際文化専攻を選んだ方が深く学べます。例えば国際文化専攻では、イギリスに加え、ドイツ、スイス、イタリア、フランス、オランダ、スウェーデンなどの文化について深く学べます。これまでに、ヨーロッパの観光業や美術・音楽・バレエなどの芸術、オーガニック化粧品、欧州発のブランド、食文化などについてヨーロッパ各地の歴史をふまえて研究した学生がたくさんいます。

Q10 日本語学、日本文学は学べますか。

A10 国際文化専攻の方で学ぶことができます。日本語に関しては、方言の勉強や、SNSで使われていることば、敬語、和漢混淆文など、日本語に関するあらゆる事柄について勉強することができます。日本文学に関しては、『古事記』のような古いものから現代文学に至るまで幅広く学ぶことができます。また、明治期の日本文学のように、海外文学の影響を受けた日本文学についても学ぶことができます。万葉集や和歌、俳句などの勉強もできます。

Q11 日本史の勉強はできますか。

A11 国際文化専攻の方で深く学ぶことができます。どの時代の歴史についても勉強できますが、特に専門的に学べるのは、戦国時代から明治時代にかけての時期の歴史です。内容的には、政治史、思想史、医学史など、さまざまな内容を選んで学ぶことができます。日本刀や洋菓子などの文化についても、日本史との関係で研究することができます。このほか、1人の歴史上の人物の生涯や、有名な歴史的建造物が造られた背景について深く勉強している学生もいたりします。

Q12 外国人の先生の授業を受けることはできますか。

A12 どちらの専攻を選んでも、外国語科目の授業では、外国語教育研究所に所属する外国人の先生の授業を受けることができます(英語に加え、中国語や韓国語もネイティブの先生から学ぶことができます)。ただ、英語に限ると、3年生以降に受けることになる学科の専門科目(演習I~VI,卒業論文の作成などと関係)は、英語コミュニケーション専攻を選択しないと、外国人の先生から学ぶことはできません。また、1・2年次に外国語科目以外の科目でも外国人の先生と触れ合えるのは、英語コミュニケーションを選んだ学生のみです。

Q13 英語スキルは上げられますか。

A13 英語コミュニケーション専攻では、英語のスキルを伸ばすために必要な授業をたくさん用意しています。リスニング、スピーキング、リーディング、ライティングの授業をはじめ、英文法の授業、英語という言語を分析的に学ぶ英語学に関する授業、コミュニケーションについて学ぶ授業、その他、目的に応じた航空英語、観光英語、放送英語などの授業があります。また、英語の資格試験対策を行う授業もあります。国際文化専攻の学生については、外国語教育研究所が用意している様々な授業を受けることができます。

Q14 英語を使った授業はありますか。

A14 国際文化学科には、2人の英語ネイティブ教員が所属しています。また、数名の英語ネイティブ非常勤講師がいます。これらの教員の授業は、基本的にすべて英語で行われます。

Q15 他学部の授業も履修することはできますか。

A15 他学部の授業は、文学部の学生が受けられるように開放されている授業に関してのみ、履修することができます。具体的な情報は、本学のシラバスに掲載されています。
*「シラバス」というのは、授業の内容や進め方がまとめてある要項のことです。学科のウェブサイトから検索・閲覧することができます。
 URL: https://portal.mii.kurume-u.ac.jp/campusweb/slbssrch.do

Q16 アルバイトやサークルと学業を両立することはできますか。

A16 多くの学生が、アルバイトやサークル活動をしながら大学の授業を受けています。3年次の終わりから4年次の6月末ぐらいまでは就職活動が忙しくなるため、この時期はアルバイトやサークルを控える学生が多いようですが、それ以外の時期においては、たくさんの学生がアルバイトやサークルを楽しんでいます。

Q17 総合型選抜の内容はどのようなものですか。

A17 模擬授業と口頭試問および面接を受けてもらいます。審査の際には、どの程度学科のアドミッションポリシーを理解しているかを重視しています。
*学科のアドミッションポリシーについては、以下のサイトを参照してください。
 URL:https://www.kurume-u.ac.jp/site/b-distu/intercultural.html

Q18 卒業論文とはどのようなものですか?

A18 主に3・4年次の演習をふまえて書く長い論文のことです。自分が特に深く学びたいテーマを探し、長い時間をかけて考察して執筆します。これまで学生が書いた卒業論文のテーマには、下記のようなものがあります。
<英語コミュニケーション専攻>
・「二つの『アリス』物語の魅力―ルイス・キャロルの言葉遊び―」
・「バスケットボールにおける人種差別」
・「英訳が困難な日本語の表現」
・「標準化から個性化へ向かう身体改造―身体改造をする人々の意図の変化―」
・ "How to Learn English Listening for Japanese Learners"
・ "European Immigration Issues and the Future of Immigration in Europe"
・ "The Differences in Culture between Japan and Canada"
<国際文化専攻>
・「日本と韓国における感情表現の対照研究」
・「絵文字スタンプを用いたコミュニケーションの理解度と認識について」
・「近世・近代における日本とフランスの美術交流史―浮世絵から印象主義そして明治絵画へ―」
・「古代ローマの住宅構造―ポンペイを中心として」
・「ドイツ第三帝国における音楽―ナチ政権による音楽の政治利用について―」
・「朝鮮の古地図にみる自国認識と世界観」
・「中国の教育格差の実態と対策」
・「武士のことば-『平家物語』の自敬表現」
・「日光東照宮―建築から見た家康の願い―」
・「佐賀藩の近代化―三重津海軍所の誕生から終焉まで―」

<日本語教育学について>

*以下は、国際文化学科が特に力を入れている日本語教育学副専攻課程に関するQ&Aです

Q1 私は将来、日本語教師になりたいのですが、久留米大学で勉強できますか。

A1 日本語教師になりたい人のために、本学では「日本語教育学副専攻課程」を設置しています。詳しい情報は以下の2点を開いてみて下さい。
https://www.kurume-u.ac.jp/soshiki/21/japanese-education.html
https://www.kurume-u.ac.jp/site/b-kyoumu/nihongo.html

Q2 「日本語教育学副専攻課程」では、どんな勉強をするのですか。

A2 日本語教師になるべく、外国人のための日本語の教え方や異文化理解について学びます。

Q3 国語教育と日本語教育の違いは何ですか。

A3 前者は日本人のためのもの、後者は外国人のためのものですから、客観的に日本語や日本文化を捉えることが求められます。例えば「私は田中です」と「私が田中です」という二文では、助詞だけが異なりますが、日本人はどのように使い分けているでしょうか。

Q4 外国人に日本語を教えるには、外国語も必要ですか。

A4 多国籍の日本語クラスであれば、基本的に日本語以外は使用しませんが、学習者の言語を多少なりとも知っていれば、いろいろな面で役に立ちます。

Q5 「日本語教育学副専攻課程」を修了すれば、どんな資格が取れるのですか。

A5 小中高の教員免許のような国や自治体などの公的機関による資格認定とは異なり、本学独自の修了書を取得できます。これは日本語教師になるための最低条件の1つです。

Q6 「日本語教育学副専攻課程」を修了するには、どれくらいの期間が必要ですか。

A6 コアになる必修科目は3つしかないのですが、段階的に履修することになるので、少なくとも3年(1年次から3年次まで)はかかります。

Q7 実習はありますか。

A7 1年次に「日本語教育概論」、2年次に「日本語教授法」を履修した人は、3年次に「日本語教育実習」があります。外国人を対象とした教壇実習や地域の外国人支援事業に参加することになります。

Q8 教職(国語・英語・社会など)と同時に、「日本語教育学副専攻課程」を履修することは可能ですか。

A8 可能です。実際に同時履修している学生がいますが、時間を有効に使うことが必要でしょう。

Q9 留学生でも「日本語教育学副専攻課程」を履修することはできますか。

A9 できます。修了後は帰国して、日本語を教えている人もいます。

Q10 「日本語教育学副専攻課程」を履修している人は多いのでしょうか。

A10 毎年、15~20名前後です。履修している学生の多くは文学部(国際文化学科)に所属しています。

Q11 「日本語教育学副専攻課程」を修了後、考えられる進路は何ですか。

A11 国内あるいはアジアを中心とした海外の日本語教育機関で教えるという道があります。英語圏では高度な英語能力が要求されます。

Q12 日本語教師になるためには、教員免許は必要ですか。

A12 下の三つの条件のうち、1つ以上を満たすことが求められます。
1)主専攻または副専攻で日本語教育学を修めること
2)日本語教師養成講座(日本語教育振興協会)で420時間の講義を修了すること
3)日本語教育能力検定試験(日本国際教育支援協会)に合格すること

Q13 久留米大学を卒業して日本語教師になった人は、どのくらいいますか。

A13 正確には把握できていませんが、国内だけでなく海外で活躍している卒業生も少なくありません。

Q14 「日本語教育学副専攻課程」を修了すれば、卒業後すぐ日本語教師になれますか。

A14 日本語学校であれば、一般企業と同じように就活する必要があります。副専攻課程を修了するだけでなく、在学中に「日本語教育能力検定試験」にチャレンジすることを勧めています。

その他のQ&Aはこちら

社会福祉学科

Q1 どのような資格が取れますか。

A1 社会福祉士国家試験(受験資格)、精神保健福祉士国家試験(受験資格)、社会福祉主事任用資格、教員免許(高等学校教諭一種「福祉」「公民」、中学校教諭一種「社会」、小学校教諭一種(※注)、特別支援学校教諭一種、日本語教育学(副専攻)課程)、学校図書館司書教諭出願資格、図書館司書、博物館学芸員等を取得することができます。
※注 本学の中学校・高等学校いずれかの教職課程を履修した上で、本学と教育連携を行っている佛教大学通信教育課程にて必要な科目を履修することで取得可能です。

Q2 どんな就職先がありますか。

A2 社会福祉施設、医療機関、行政機関、独立行政法人、学校、企業等、就職先は多岐に及んでいます。多くの学生が大学での学びや資格を活かせる職場に就職していきます。

Q3 どのような授業がありますか。

A3 社会福祉学科では社会や個人の生活に関わる広い関心を促し、個別の福祉専門領域に必要な知識や技術の獲得、また社会福祉援助実践や制度、施策の基礎となる価値や倫理の形成につながる学びの機会を備えています。そして、講義、演習、実習という3つの形態の科目を総合的に履修することによって、将来、「社会福祉士」や「精神保健福祉士」として活躍することをはじめとして主体的、選択的に様々な領域で社会福祉に関わっていく基礎作りができるような教育をめざしています。

Q4 総合型選抜の対策方法を教えてください。

A4 本学社会福祉学科を志望する理由が明確であること。模擬授業の後に小論文作成を行いますので小論文対策は行っておいてください。

Q5 サークルとの両立はできますか。

A5 はい、できます。ボランティア、スポーツ、文化サークル等に在籍して勉学とサークル活動を両立している学生は少なくありません。

Q6 社会福祉士について教えてください。

A6 社会福祉士は、いわゆる「ソーシャルワーカー」と呼ばれる社会福祉専門職の国家資格です。様々な理由により日常生活に困難を感じている人から相談を受け、日常生活がスムーズに営めるように支援を行う専門職です。

Q7 精神保健福祉士について教えてください。

A7 精神保健福祉士は、精神保健福祉士法で位置づけられた、特に精神障害者に対する相談援助などの業務に携わるソーシャルワーカーの国家資格です。

Q8 社会福祉士と精神保健福祉士の資格は同時に取得できますか。

A8 受験資格は同時に取得できます。同時に取得する学生の国家試験の合格率は毎年ほぼ100%です。ぜひ同時に2つの取得を目指してください。

Q9 実習はどういうところでどれくらいの期間行うのですか。

A9 社会福祉士の実習は、指定実習施設1カ所で23日間・180時間以上行います。また、精神保健福祉士の実習は、医療機関で12日間・90時間以上、福祉施設で16日間・120時間以上行います(社会福祉士の実習履修者は、福祉施設での実習のうち60時間が免除されます)。なお、社会福祉士の実習は3年生の夏休み以降に行い、また、精神保健福祉士の実習は4年生時に行います。

Q10 教職課程について教えてください。

A10 必要な単位を取得することで教員免許状取得ができます。本学の教職課程については下記サイトをご覧ください。                        https://www.kurume-u.ac.jp/uploaded/attachment/6264.pdf

Q11 教職免許と社会福祉士は同時に資格取得できますか。

A11 はい、できます。特に特別支援学校教員や高等学校教員を目指す学生にとって社会福祉を学ぶことは強みとなります。

Q12 どのようなゼミがありますか。

A12 高齢、精神医学、児童、障害、医療福祉、地域福祉、社会保障等、現在8名の教員がそれぞれの専門分野に基づいて卒論ゼミを担当しています。

Q13 卒業論文について教えてください。

A13 各教員が得意とする専門分野の特色を活かしつつ、学生の興味・関心に基づいたテーマを対象に3年後期から4年次にかけて卒業論文を作成していきます。

その他のQ&Aはこちら

人間健康学部 Q&A

総合子ども学科 スポーツ医科学科

総合子ども学科

Q1 文医融合とは何ですか。

A1 文系学部として保育・教育学を学ぶと同時に医学部小児科や看護学科の授業を受けて、実際の保育・教育現場で障害や病気のある子どもにも対応できる実践力をつける教育のことです。

Q2 久留米大学総合子ども学科の特徴は何ですか。

A2 医学部のある強みを生かした文医融合型の教育カリキュラムであることと、保育や幼児教育学をはじめ、医学、心理学、社会学、福祉学などさまざまな研究領域から「子ども」について総合的に学ぶことです。また「子ども学」という子どもを一人の人間として捉える考え方を基盤にしていることです。

Q3 短大との違いは何ですか。

A3 4年制大学では、資格取得という限られた目的のための学びではなく、短大にはない時間的余裕と多様な専門領域の学問体系により、いろいろな体験に基づいた幅広い知識と社会性を身に付けることができます。

Q4 どのような講義がありますか。

A4 総合子ども学科としては、幼稚園教諭免許および保育士資格取得のための科目を配置してあることに加えて、更に学問を深く追求するために展開科目の中核として「子ども学概論」「基礎小児医学」「発達障害の医学」を設置し、領域別に「子どもの健康支援群」、「子どもの発達支援群」、「地域の子ども・家庭支援群」という視点から専門科目群を設けています。

Q5 どのような実習がありますか。

A5 保育士資格取得のために3回の「保育実習」(各10日間)、幼稚園教諭免許取得のために2回の「教育実習」(各2週間)があります。実習は2年次から始まり、2-3月、8-9月など長期休暇中に行います。実習先は、「保育実習」では保育所・認定こども園および施設(児童養護施設や障害児支援施設など)、「教育実習」では幼稚園・認定こども園になります。

Q6 どのような免許・資格が取れますか。

A6 総合子ども学科では、次のような免許・資格を取得することができます。
・ 幼稚園教諭一種
・ 保育士
・ 小学校教諭一種(※)
・ 社会福祉主事任用資格 ・図書館司書
・ レクリエーションインストラクター <日本レクリエーション協会認定資格>

※幼稚園の教職課程を履修の上、教育連携を行う大学等において所定の科目を履修することで取得できます。

Q7 幼稚園教諭と保育士の両方の資格を取得することは可能ですか。

A7 総合子ども学科では、保育士養成課程と幼稚園教諭養成課程がカリキュラムに組まれています。そのため、それぞれに必要な単位修得・実習を行うことにより、卒業と同時に「幼稚園教諭一種免許」と「保育士資格」の両方を取得することができます。(別途、国家試験等を受ける必要はありません)。在学生のほとんどがその2つの免許・資格の取得を目指して学修をしています。

Q8 障がい児施設や児童養護施設で働くことはできますか。

A8 総合子ども学科で保育士の資格を取得できます。保育士の有資格者は、保育所だけでなく、障がい児施設や、児童養護施設等の児童福祉施設で働くことが出来ます。

Q9 小学校教諭免許取得の方法について教えてください。

A9 久留米大学は佛教大学と小学校教職課程に関する通信教育協定を結んでいます。通信教育課程として開講される科目を受講し、合格し、合わせて小学校での教育実習を履修すると、小学校教諭免許状が授与されます。

Q10 ピアノ初心者ですが大丈夫でしょうか。

A10 本学科にはピアノ初心者を対象とした「リメディアル器楽」という科目があり、ピアノを基礎から学ぶことができます。またピアノ練習室が整っており、空き時間や放課後にも自由に練習することができますので、経験のない方も心配はありません。
まずは楽しんで、ピアノに触れることからはじめてみてください。

Q11 ダンスについての授業はありますか。

A11 保育士資格や幼稚園教諭免許のための授業の中で,ダンス専門の授業はありません。しかしながら、保育の表現技術の授業の中で、創作体操などを行う単元があります。

Q12 発達障がいのことを学ぶための講義は具体的に何がありますか。

A12 具体的には、「発達障がいの医学」(医学部教員担当)、「発達支援論I」(総合子ども学科教員担当)、「発達支援論II」(同)、「発達検査法」(同)などがあります。発達障がいの理解と支援というテーマは、様々な領域にわたる幅広いテーマですので、乳幼児の生理的成長や心の発達、保育環境、カウンセリング、身体の発育と運動に関する講義等でも取り上げられます。

Q13 どんな就職先がありますか。

A13 総合子ども学科は、文学部社会福祉学科子ども家庭福祉コースの保育士養成課程からの移行により設置されたことから、実績があります。

主な就職先は以下の通りです。
幼稚園、保育所、認定こども園、小学校、乳児院、児童養護施設、障がい児支援施設、放課後児童クラブ、医療機関(病児・病後児施設等)、地域行政機関(子ども・家庭・地域福祉)、教育・保育関連企業(教材・玩具)、一般企業 等

Q14 公立保育士になるための指導はありますか。

A14 3、4年次開講科目の「子ども学特講I・II」において、公立保育所の保育士となることを希望する学生に対して、その採用試験に必要な内容について講義し、合格に向けての支援を行っています。また就職・進路支援講座として公務員講座が設けられています。

Q15 ボランティアはできますか。

A15 総合子ども学科には、保育・教育の現場や市町村などから子どもに関する活動/イベントについて多様なボランティア募集があります。それらのボランティア体験は、社会性を身に付け、実習の学びや就職先選択評価にも役立つので、積極的に参加してほしいと思います。

Q16 部活との両立はできますか。

A16 各サークルは活動頻度/時間がそれぞれに異なるため一概に言えませんが、大学生として学修を優先するという原則を守ることに加えて、本学科では実習期間中は他の活動ができず、実習関連科目は出席が厳しいため、他学部に比べると両立が難しい面もあります。自分の特技を活かしたり、他学部の学生との交流を図るために、大学生活の一部として取り入れていくのが望ましいでしょう。

Q17 総合型選抜、学校推薦型選抜(一般)の内容はどのようなものですか。

A17 専願制の入試には、(1)総合型選抜、(2)学校推薦型選抜(指定校)、(3)学校推薦型選抜(一般)の3種類があります。(1)総合型選抜、(3)学校推薦型選抜(一般)は小論文試験と面接試験、(2)学校推薦型選抜(指定校)は面接試験のみ、を行います。
小論文試験の内容は、主に「子どもや子育てに関するテーマ」について文章を読んでいただき、設題に沿って論述を行ってもらいます。(3)学校推薦型選抜(一般)では、子どもの「健康やからだ」など、より大きなテーマを含む場合があります。
面接試験の内容は、志望動機、目的・目標と学科の特徴とのマッチング、高校までの取り組みや人物などについて確認、評価をさせていただきます。(1)総合型選抜では、面接試験の時間内に「プレゼンテーション(※)」の機会があります(※詳しくは質問19の回答をご覧ください)。(2)学校推薦型選抜(指定校)では、小論文試験はありませんが、出願の際に求められる課題を事前に提出していただき、それと併せて面接試験を行います。

Q18 自己PRの書き方を教えてください。

A18 
1.貴方が将来就きたい職業は何か書きましょう。(将来の夢)
2.なぜ総合子ども学科に入学したいのか、その動機を書きましょう。(総合子ども学科を選ぶ理由)
3.総合子ども学科に入学したら、特にしたいことを書きましょう。
4.あなた自身の良いところ、特技などをアピールしましょう。

Q19 総合型選抜のプレゼンテーションは何をするのですか。

A19 面接試験の時間内に自己紹介を含んだ自己アピールのための「プレゼンテーション」の機会があります。ここでは、高校までの取り組みについて、実演(室内で実施可能なもの)を行ったり、資料を準備して様々な趣向を凝らした発表することなどができます。行ってみたい内容(プレゼンテーション)がある場合は、出願の際に申し出てもらいますが、わからないことがあれば、事前に入試課までご相談ください。

Q20 総合型選抜の対策方法を教えてください。

A20 総合型選抜は、学業成績だけでなく、あなたの特徴や特技、これまでの取り組み(自主研究、社会的活動、部活動 ほか)などを評価します。
大学入学後における学修やその他の活動について将来性をみるので、必ずしも保育や子どもに関係する内容である必要はありません。
だたし、それらをアピールする際には、根拠となる資料や能力等を示せるように、プレゼンテーションの方法を工夫してください。

その他のQ&Aはこちら

スポーツ医科学科

Q1 久留米大学スポーツ医科学科の特徴を教えてください。

A1 スポーツ医科学科には下記の3つの特徴があります。
1)幅広い学問領域にわたり、多角的に健康、スポーツ・運動の支援を学修する。
2)教育現場に生かせる健康、スポーツ・運動に関する知識・技術を専門的に学修する。
3)​地域と連携・協働した健康、スポーツ・運動の支援について実践的に学修する。

Q2 他大学との違いは何ですか。

A2 久留米大学スポーツ医科学科と他のスポーツ関連の大学との違いは、本学本学科では、スポーツを「支える」人の育成を目指していることです。

Q3 カリキュラムについて教えてください。

A3 スポーツ医科学科のカリキュラムは、下記のページで見ることができます。各種の実習があり、中でも医学部との協力により実施されている実習などが特徴です。
https://www.kurume-u.ac.jp/site/n-dsms/curriculum-sports.html

Q4 臨床心理学(文)とスポーツ心理学の違いは何ですか。

A4 臨床心理学は心理学の中の一領域ですので、心理学を勉強する中で、臨床心理学を学びます。スポーツ心理学はスポーツ・体育科学の中の一領域です。スポーツ・体育科学を勉強する中で、スポーツ心理学を学びます。文学部心理学科では、人間の心について専門的に学修し、スポーツ医科学科ではスポーツや運動などについて科学的な視点から学修します。その点が、大きな違いです。
文学部心理学科のホームページ
https://www.kurume-u.ac.jp/site/b-dp/

Q5 スポーツ選手やスポーツチームへの心理支援について学ぶには、臨床心理学(文)とスポーツ心理学に違いはありますか。

A5 臨床心理学を学び、対人援助者として活躍するフィールドは主に、教育、産業、福祉、医療、司法といった分野です。それに対し、スポーツチームで心理担当者として活動したり、アスリートのメンタルトレーニングを担当している人の多くは、大学でスポーツ・体育科学を専攻し、その中でスポーツ心理学を専門領域としています。もちろん、大学で心理学を学び、臨床心理学を専門とし、現在スポーツ現場で活躍している心理担当者の方もいらっしゃいます。スポーツ心理学を学ばなければ、アスリートへの心理サポートができないわけではありません。ご自身の興味や、将来の自分をイメージして、選択されると良いのではないでしょうか。(注意)心理職に関する資格の多くは、資格試験や資格審査に合格する必要があり、受験資格として大学院修士課程修了や実務経験などが必要になります。

Q6 講義の選び方、復習についての指導はありますか。

A6 本学科では、講義の選択について、いくつかのモデルを提示しています。また、新年度開始時には授業履修についての相談も受けています。復習については、まずは個人のやる気が大切ですが、個々の授業の「どのようなところを、どの程度」などのアドバイスができるように、教員がオフィスアワーを設けて時間が許す限り対応しています。

Q7 アスレティックトレーナー専門実習とはどのようなものですか。

A7 アスレティックトレーナーの試験を受けるためには、最低でも180時間の現場実習が必要となります。久留米大学では、アスレティックトレーナー専門実習を通して現場での実習経験を積みます。

Q8 教員採用試験について対策授業はありますか。

A8 教員採用試験対策のための授業はありませんが,課外での対策自主ゼミは実施しています。2020年度は,マット運動とダンスの実技試験対策と集団討論の対策を行いました。

Q9 留学は可能ですか。

A9 留学は可能です。語学研修など留学についは、下記のページで見ることができます。
https://www.kurume-u.ac.jp/site/kokusai/list59-152.html

Q10 どのような資格が取れますか。

A10 本学科では、下記の資格あるいは受験資格の習得が可能です。
・中学校教諭一種(保健体育)
・高等学校教諭一種(保健体育)
・アスレティックトレーナー受験資格
・トレーニング指導者受験資格
・健康運動指導士受験資格(申請予定)
・中級障がい者スポーツ指導員
・アシスタントマネージャー受験資格(申請予定)
・図書館司書
・日本語教育学(副専攻)課程修了証

Q11 教員免許とアスレティックトレーナーの両方の資格を取得することは可能ですか。

A11 可能です。ただし、どちらの資格も多くの専門的知識を身に付けなければなりません。また、実習を通して実践力を養うことが求められますので相当な努力が必要になります。

Q12 障がい者スポーツ指導員の資格を取得するにはどうすればよいですか。

A12 資格認定校である本校は、必要な単位(24単位あるいは26単位)の取得および大学卒業により、中級障がい者スポーツ指導員取得の条件を満たします。以上の条件を大学が認証した上で日本障がい者スポーツ協会(以下、日障協)へ申請後、取得となり、検定試験はありません。なお、中級は取得単位に加え、80時間の実習時間が義務付けられており、養成講座の場合、初級取得後2年を経ないと資格取得が出来ません。本校の場合、当初から中級を目指せ、単位取得ととともに(障がい者スポーツに関する)実習を経ることになりますが、学内でも実習環境を整えてきました。具体的には脊椎損傷者の車椅子ツインバスケットボールチームの練習会および知的・精神の障がい児の運動教室を月1回、定期的に行っています。

Q13 どんな就職先がありますか。

A13 本学科はまだ卒業生を輩出していないので実績は示せませんが、下記のようなところを就職先として想定しています。
・中学校
・高等学校
・プロスポーツなどのトレーナー
・スポーツ関連の公的機関・研究機関
・スポーツ関連の企業
・各種医療機関
・スポーツクラブ
・医療情報提供者(MR)
・一般企業

Q14 学校推薦型選抜(一般)の内容を教えてください。

A14 学校推薦型選抜(一般)の入試は、書類選考(段階評価)、小論文(100点)、面接(100点)の3項目で評価します。

Q15 総合型選抜(旧 スポーツ特別推薦)の内容を教えてください。

A15 総合型選抜は、書類選考(段階評価)、小論文(100点)、面接・プレゼンテーション(100点)の3項目で評価します。面接・プレゼンテーションでは、自己紹介を含んだ自己アピールおよび課題に関連したプレゼンテーションを行います。プレゼンテーションの課題は、スポーツ医科学(スポーツ、健康、運動、体育、身体、栄養、トレーニング)に関連したものに限ります。

Q16 学生生活は忙しいですか。

A16 本学科の学生は、講義だけでなく実習や実技などの授業があり、さらに運動部に所属している学生が多くいるため、結構忙しい生活を送っていると思います。その中で計画を立て、時間をうまく使い大学生活を送っているのではないでしょうか。

Q17 どんなクラブやサークルがありますか。

A17 御井の文系学部には、体育系・文化系・ボランティアの各部やサークルがあります。また、それら各部やサークルの活動を支える学生による委員会があります。各部やサークルの紹介と活動については、下記のURLから見ることができます。
https://www.kurume-u.ac.jp/site/gakusei-bun/list45-115.html

その他のQ&Aはこちら

法学部 Q&A

法律学科・国際政治学科

Q1 法学部の魅力は何ですか。

A1 「法」は社会のルールです。世の中にはさまざまな人がいます。考え方も違うし、好みも違います。そのような人たちが共に生活するのが「社会」です。そのような社会の中で人々が共に活動するための仕組みが「法」ですし、そのような仕組みのあり方を考え出すのが「政治」です。「法」は私たちの社会活動になくてはならないものなのです。このような「法」を学ぶことで、社会に役立つ人間になることができる。これが「法学部」で「法」や「政治」を学ぶことの最大の魅力です。そもそも「法律」や「政治」は「人と人とのつながり」を学ぶ学問です。久留米大学法学部は「人と人とのつながり」をとても大切にします。教員と学生、先輩と後輩、そして同級生のつながりなどです。このような「つながり」を大切にするイベントがたくさんあります。これも「久留米大学法学部」の魅力です。

Q2 法学部では何を学べますか。

A2 みなさんが生活していくときに、周りの人とかかわりあっていますよね。周りの人との関係をスムーズにする道具が「法」です。実際に「法」を使って社会生活を円滑に進める方法を学ぶのが「法学」で、社会活動を円滑に進めるための仕組みを学ぶのが「政治学」です。法学部では、社会に役立つ知識を身に着け、社会に起こる様々な出来事に適切に対処する「実践的な方法」を学んでいきます。例えば、目の前で起こっている問題を適切に解決する方法を考えていくのですが、この解決策は他の人に理解してもらえなければ意味がありません。だから、自分の考え方を他の人にしっかり伝える「コミュニケーション」能力もしっかり身に付けていきます。

Q3 学科の違いは何ですか。

A3 「法」を実際に使って、色々な問題を解決したりするのが「法学」で、社会に起きる問題の原因や解決策を考えるのが「政治学」です。「法律学科」は、いろいろな「法律」を駆使して社会問題を解決する能力を身に着け、「国際政治学科」では、世界中で起こっている「出来事」をいろいろな視点から分析し、国際的な問題などを解決する方法を考えていきます。「国際政治学科」は久留米大学法学部の特徴の一つです。

Q4 経済学部や商学部との違いは何ですか。

A4 世の中の出来事は、いろいろな視点から見ることができます。「経済」が世の中を動かしていることも事実で、そのような「経済」という視点から分析するのが経済学部で、ビジネスという観点から世界を分析するのが商学部だと思います。法学部は、「人と人との間のルール」という観点から世の中を見ていきます。ルールは何のためにあるのかを考えていきます。例えば、スポーツに「ルール」があります。この「ルール」は実はみんなが平等にスポーツを楽しむためにあるのです。そう、世の中の人が楽しく暮らしていくためにある「ルール」を学ぶのが法学部です。

Q5 法学は難しいですか。

A5 もちろん、そんなに簡単ではありません。身近な問題を解決するのが法律なのですが、日本語なのに、普段使っている日本語とは別物と感じることもあります。そのため、そのような言葉に慣れるのに少し時間がかかるかもしれません。しかし、高校まで「法学」に触れる機会はそんなになかったと思います。「大学から法学を学ぶ」という意味で、みんなのスタートラインは同じです。久留米大学法学部では「基礎」から「応用」まで段階的に学ぶことができますから、いずれ「簡単じゃん!」と思えること間違いありません。

Q6 どのようなゼミがありますか。

A6 本当にいろいろなゼミがあります。「社会に役立つ」人間になることが法学部で学ぶことの重要な意味です。「社会貢献」をベースにゼミ室を出て活動する「ゼミ」もあれば、法律や政治の意義を徹底的に研究する「ゼミ」もあります。本当に多様です。ぜひ、久留米大学法学部に入学して、ゼミの多様さを実感してもらいたいと思います。ゼミでの徹底的な「少人数」教育(1ゼミ14~15人程度)が久留米大学法学部の魅力の一つです。久留米大学法学部では、1年生から4年生まで「ゼミ」を用意しています。1年生の「ゼミ」は、法律や政治を学ぶための知識やスキルを身に着け、基礎を固めることを目標としており、2年生からいろいろな法律や政治問題を専門的に学んでいきます。

Q7 総合型選抜の内容はどのようなものですか。

A7 セミナーと面接と書類選考です。セミナーでは、「今の社会で問題となっているテーマ」についての模擬授業を受けてもらって、レポートを作成してもらいます。模擬授業は、大学の授業を体験する感じです。これもある意味面白い経験になると思います。その後、面接を受けてもらいます。面接では、セミナーの内容についての質疑応答とみなさんに提出してもらった志望理由書等に関する質疑応答が行われます。大学で何をどう勉強して、どんな人材になりたいのかに関する質問がメインです。

Q8 学校推薦型選抜の面接の内容を教えてください。

A8 学校推薦型選抜(一般)では、試験の日に小論文と面接を受けてもらいます。小論文のテーマは、「社会問題」に関することが中心です。面接は、小論文についての質問と提出書類に基づく質問が中心です。学校推薦型選抜(指定校)では、志願の際に簡単なレポートを書いてもらいます。試験当日は、このレポートに関する質問と提出書類に関する質問という「面接」が行われます。

Q9 理系からでも進学可能ですか。

A9 全く問題ありません。法学は「論理」が大切で、「論理的思考」ができることが法学や政治学を学ぶ上で重要な能力になります。そのため、法学部では、このような能力を身に着けるための学修をしていきます。「理系」を学んだみなさんは、論理的思考に慣れています。むしろ、「有利だ!」と考えましょう。

その他のQ&Aはこちら

経済学部 Q&A

経済学科・文化経済学科

Q1 経済学部の強みは何ですか。

A1 汎用性の広い学問なので、自分の関心のある問題を見つけそれを学ぶことができます。将来の進路も多岐にわたっており、自分の進む道も探しながら学んでいくことができることも強みの一つです。

Q2 他大学との違いは何ですか。

A2 ベーシックな経済学を学ぶことができる経済学科に加え、文化的な視点から経済を考察するという全国的にもめずらしい文化経済学科を有している点が最大の違いです。

Q3 商学部との違いは何ですか。

A3 商学部は一つの企業を豊かにすることが目的であり、経済学部は社会全体を豊かにすることが目的と言えます。

Q4 経営を学ぶには何学部に入ればよいでしょうか。

A4 実務的なことを学びたいのであれば商学部がいいと思います。経済学部では、より広い視点から経済社会を見ていきますので、社会全体の動きがつかめるようになっていきます。どちらも経営にとっては必要なことだと思いますので、自分がどちらを優先的に学びたいかで学部を選ぶとよいと思います。

Q5 金融の勉強をするためには、経済学部と商学部のどちらに入学するのがよいでしょうか。

A5 どちらに進んでも金融の勉強はできると思いますが、経済学部では経済学科に金融情報コースが準備されており、金融を専門に学ぶことができます。

Q6 経済学と経営学の違いは何ですか。

A6 経済学では社会全体における経済の動きを学ぶのに対し、経営学は企業経営や組織を全般的に学ぶことになります。

Q7 経済学部ではどのような勉強をしますか。

A7 オカネやヒトやモノといった限られた資源をどのように使うと社会が豊かになるのかを考えることが経済学の目的です。

Q8 学科の違いは何ですか。

A8 経済学科ではモノやサービスが生み出され、それが売買される社会全体の仕組みを理解し、皆が豊かになる方法を探ります。文化経済学科では地域発展の原動力として、地域固有の文化・環境をどう守り生かしていくのかを考えていきます。

Q9 文化経済学科ではどのようなことが学べますか。

A9 文化経済学科では、経済の活性化や人々の幸せな生活を実現するために、地域固有の文化・環境をどう守り生かしていくのかを考えていきます。また、そのためには市民や企業、行政がどのような役割を果たしていくのかも考察していきます。そして、これらの課題を教室の中と現場で学び、できることから実践していきます。

Q10 コースの違いはなんですか。

A10 2年次に進級するときに学科を選択し、2年生後期からコースに分かれてより専門的な勉強をしていくことになります。そして、2年生後期から卒業まで自身が所属するコースの中からゼミを選択することになります。

Q11 環境ツーリズムコースはどのようなものですか。

A11 地域レベルでの環境に配慮した持続可能な地域づくりやツーリズム(観光)を学ぶコースになります。

Q12 どのような講義がありますか。

A12 一般教養から専門科目まで、講義は多岐にわたっています。

Q13 どのようなゼミがありますか。

A13 経済理論、国際経済、金融、地域作り、環境・ツーリズム等、たくさんのゼミがあります。

Q14 ゼミはどのように決めるのですか。

A14 1年生の間に経済学がどのような学問であるのかその概要を学んだ上で、2年生に進級する時に学科の選択を行います。そして、2年生の前期に学科ごとに専門科目を勉強し自分が勉強したいことを見つけてもらい、2年生の後期から自分の選択したゼミ(コース)で学んでいくことになります。

Q15 フィールドワークはどのようなことをするのですか。

A15 フィールドワークとは、現地に赴き、インタビューや資料収集等の調査をすることで、実践的な社会調査の方法を学ぶことですが、主に文化経済学科では地域の文化や環境を維持・活用して経済と社会を元気にしていくために、地域の住民や事業者の方と協力して、地域ブランドの形成、放置竹林や空き家・店舗の活用など様々な企画をし、実践します。

Q16 地域と触れ合える授業はありますか。

A16 地域事業研修という授業では、実際にいろいろな地域に行って調査をしたり現地の方と交流したりできます。また、文化経済学科では地域と交流することを主とするゼミもあります。

Q17 FP試験のための科目はありますか。

A17 希望進路に応じた履修プランを用意しています。ファイナンシャル・プランナー(FP 技能士 3 級)の資格を取得したい方は以下の科目を推奨しています。 中核的科目: 福祉行財政論II、 税法I・II 、証券市場論I・II 、社会政策I・II
主要科目:保険システム論I・II 、 金融論I・II、 証券市場論特講、福祉行財政論I、社会保障法I・II 、金融工学I・II
関連科目 :健康生きがい論 経営学入門II

Q18 プログラミングを勉強することはできますか。

A18 選択科目A群にてプログラミングI・2を開講しています。1では、Excel上で動作するVBAの演習を行い、表計算ソフトとしての使い方から活用方法を学びます。VBAを修得すれば処理の自動化による作業効率化を図ることもできます。(基礎編)2では汎用プログラミング言語であるPythonをつかって演習を行います。

Q19 パソコンを使う授業はありますか。

A19 1年次に情報処理という授業が準必修化されており、大学生活で必要となるパソコンスキルの基礎的な部分は全員が学びます。

Q20 数学は必要ですか。

A20 経済学部は文系の学部ですが、分析には数式やグラフを使います。ただし、ほとんどの内容は中高で学んだ数学レベルで対応できます。また、1年次に基礎経済数学という授業が準必修化されており、経済学を学ぶ上で必要となる最低限度の数学の基礎知識は1年次に習得できるようサポートされていますので、数学が苦手な方でも安心して入学していただいてもらっていいと思います。

Q21 どのような資格が取れますか。

A21 経済学部でサポートしている資格には以下のようなものがあります。
•教育職員免許
経済学部で習得できる教育職員免許状
中学教諭一種(社会)、高等学校教諭一種(地理歴史、公民、※商業、※情報)
※ 経済学科の学生のみ取得できます。
•図書館司書
•社会福祉主事任用資格
•博物館学芸員
•生きがい情報士
•ファイナンシャル・プランナー(FP技能者3級、2級)
•認定トレーニング指導者、障がい者スポーツ指導員(中級)
•宅地建物取引士
•旅行業務取扱管理者

Q22 公務員志望の場合、経済学部と商学部のどちらに入学するのがよいでしょうか。

A22 公務員では、企業のみならず市民や環境も含め幅広く社会の仕組みを理解しておくことも重要になると思います。そういった意味では幅広く経済社会を学ぶことが出来る経済学部は公務員志望者のニーズに合った勉強をすることができると思います。

Q23 どんな就職先がありますか。

A23 経済学部に23あるゼミのうちのたった1つのゼミの今春の内定先および就職先となりますが、ゼミ生のうち、3分の1以上にあたる9人が大手銀行に内定し、うち6人が実際に就社しています。また、銀行以外でも大半の学生が大手や優良企業に就職しています。労働力不足の現在、就職率が良いのは当たり前。就職先の「質」こそが重要であると考えています。
経済学部生の内定先の質の高さは、面倒見がよく学生一人一人をサポートする少人数の教育体制、座学と実践的教育のバランスの良さ、経済学という汎用性の効く(いろいろな場面で有効な)学問の性質などからもたらされるものです。

Q24 地銀志望の場合、そのための勉強はできますか。

A24 経済学科には金融を専門に学ぶ金融情報コースがあります。また、金融論や金融工学といった専門の授業もありますので、地銀志望の方が金融に関する知識を得る機会は多くあると思います。

Q25 大学院に進学することは可能ですか。

A25 大学院に進学することは可能です。経済学部の場合は、本学であれば文系の総合的大学院である比較文化研究科に進むことが一般的です。また、他大学へ進学することも可能です。いずれにせよ、大学院の入学試験を合格する必要があります。

Q26 自己PRの書き方を教えてください。

A26 まずは自分の長所と短所を自分自身で理解するところからはじめて下さい。そして、長所はしっかりとアピールし、また短所はそれを認めつつ改善するための努力をしたという形でアピールにつなげるといいと思います。

Q27 普通科以外からの受験でも合格しますか。

A27 普通科の学生が多いのですが、総合学科、商業科、情報科、工業科の合格者もいます。

Q28 総合型選抜の内容はどのようなものですか。

A28 自分のがんばってきたことをプレゼンしてもらうことと、面接が主となります。

Q29 総合型選抜のプレゼンテーションは何をするのですか。

A29 特に指定は無く、自身ががんばってきたことなどアピールできるものをプレゼンしてもらいます。ただし、演奏のような実技はNGです。

Q30 面接ではどのような質問がありますか。

A30 具体的な内容を教えることはできません。

Q31 高校生のうちに勉強しておくべきことはありますか。

A31 基礎学力を高めておくことはどこに行っても生きてくると思うのでしっかりと勉強しておいて下さい。また、経済学では数学を少なからず使いますので、数学も苦手意識をもたずに取り組んでおいて下さい。

Q32 浪人していても大丈夫か。

A32 大丈夫ですよ。割合としては多くはありませんが、浪人していた方もおりますし、現役生と変わりなくなじんでいます。

Q33 アルバイトはできますか。

A33 もちろんアルバイトはできますし、社会経験を積むという意味ではアルバイトも重要です。ただし、勉学に支障がない範囲でやるよう注意してアルバイトに励んで下さい。

Q34 部活やアルバイトとの両立はできますか。

A34 多くの学生が部活やアルバイトと両立して勉学に励んでいます。ただし、部活やアルバイトにのめり込んで勉学をおろそかにしてしまう学生も中にはいますので、そうならないよう注意しておく必要はあります。

商学部 Q&A

商学科

Q1 経済学部や法学部との違いは何ですか。

A1 学ぶ視点が違います。商学部も法学部も経済学部も社会科学系の学部ですので、人や社会が豊かになる仕組みや方法について学ぶことは共通しています。しかし、商学部ではビジネスの視点から学びます。一方で、経済学部は社会全体に視点をおく傾向にあります。これらの背景には、商学部が、たとえば一橋大学の前身がそうであったように、高等商業学校から発展してきたものが原型となっていることがあげられます。さまざまな産業の発達にあわせ、商学部はあらゆる産業や企業、ビジネスの研究を行う場となってきました。現在、商学部を設置している大学は全国で30校ほどあります。商学部はビジネスに関する教育・研究を行う学部のなかで特に歴史のある学部であるといえます。

Q2 他大学との違いは何ですか。

A2 3つの学系をバランスよく学べることです。たとえば、福岡大学商学部の場合、学科が3つに分かれていることもあり、開講科目の細分化が進んでいます。商学科では専門科目が3領域6分野(金融・保険領域、情報・流通・マーケティング領域、商業史領域)に細分され、会計学と経営学の2分野は経営学科の柱となっています。一方、久留米大学商学部では、商学系(マーケットと取引)、経営学系(革新的な企業経営)、会計学系(企業の価値の捉え方)をバランスよく学修してもらうことを重視してきました。ビジネス・リーダーとして活躍するためには、この3つのいずれが欠けてもいけないと考えているからです。

Q3 どのような講義がありますか。

A3 ビジネス・リーダーとして活躍するための講義があります。1つはゼミです。商学部の教員はすべての学年のゼミを担当し、それぞれの専門性を生かした活動を行っています。多くのゼミでフィールドワーク(ビジネス体験、工業・商業施設の見学、企業経営者との交流、ゼミ合宿)を実施しています。2つ目は実学を重視した専門科目です。卒業生や地元企業の経営者が講師を務める実践型の授業も積極的に開講しています。また、医学部をもつ総合大学としてのメリットを活かし、病院経営や医薬知識を取り扱う科目も展開しています。学生の関心も高く、他大学の商学部に比べて医療関係へ多く就職しています。3つ目は商学部独自の実践ビジネス外国語です。もちろん国際マーケティング論、国際金融論、国際物流論、国際経営論、国際会計論など国際化に対応した専門科目も多く、グローバルなセンスに磨きをかけています。

Q4 総合型選抜の内容はどのようなものですか。

A4 模擬授業、口頭試問・面接・提出書類にもとづいて選考します。受験生がこれまで取り組んできたことが商学部のカリキュラムにどれだけ適合しているか、各種資格検定の取得状況や社会活動はもちろん、学業成績だけでは測りにくい能力のうち商学部での勉学に求められる能力やユニークな趣味・特技なども積極的に評価します。模擬授業では、受験生の受講態度をみるとともに小テストによって勉学に対する自発性や理解度を試します。口頭試問・面接では、受験生と面接担当者がじっくり話し合うために学校推薦型選抜よりも時間をかけます。

Q5 総合型選抜の対策方法を教えてください。

A5 これまでの実績だけでなく、将来性も積極的に評価しますので、入学後の勉学への希望や目標、大学卒業後の進路を明確にしておくことが大切です。そのためにも、将来目指している職業に関する情報を収集したり、それに向けた準備を始めたりしてはいかがでしょうか。そうすることで自分の意見を説明する能力や自己研鑽への情熱も高まります。

Q6 アルバイトはできますか。

A6 授業の予習・復習などの準備は必要ですが、一般の学生さんであれば、アルバイトをする時間は確保できるはずです。2年生以降は、時間割の組み方の工夫次第で、アルバイトの時間を増やすこともできます。社会勉強、またビジネスの実践・応用的学習のつもりで、学業に支障のない範囲内でアルバイトをすることをお勧めします。ただしアルバイトのし過ぎや、悪質なアルバイト先があることには注
意しましょう。学生課では、大学に寄せられたアルバイトの求人先を選別し、安
全なアルバイト先を学内に掲示しています。アルバイト先への不安があれば、学
生課に相談することもできます。

その他のQ&Aはこちら

医学部医学科 Q&A

医学科

Q1 マークシートでの解答はありますか。

A1 前期一般選抜では、英語の一部と数学を、後期一般選抜では英語と数学をマークシートで行っています。(数学は2020年度から)

Q2 本学受験と東京受験に差がありますか。

A2 ありません。受験生の利便性を考えて東京試験場を設置しています。

Q3 2021年度入試の変更点は何ですか。

A3 一般選抜における面接試験の面接官を2名から3名に変更する予定です。

Q4 推薦型選抜で併願する場合、優先順位が必要ですか。

A4 入試制度で出願資格が異なりますのでよく確認してください。また、出願時に優先順位の登録が必要です。

Q5 入試について、どこを重点的に勉強すればよいですか。傾向はありますか。

A5 出題範囲を募集要項で確認してください。過去問題を解くことで傾向がつかめます。

Q6 多浪者は不利ですか。

A6 公平公正に評価していますので、浪人生で不利になることはありません。

Q7 現役、浪人の割合について

A7 2020年度の一般入試の合格者は、現役8.3%、1浪45%、2浪以上46.7%という結果でした。

Q8 社会人や他学部を経験してからの入学は不利ですか。

A8 不利になることはありません。ただし、学年制のため他大学で取得した単位の振替えは行っていません。

Q9 繰上合格者への連絡方法はどのようになされていますか。

A9 合格者発表と同時に繰り上げ合格候補者に書面で通知します。合格者の入学手続締切後、欠員が生じた場合その都度繰り上げ合格候補の順位に従い、順次合格者を決定します。
欠員が生じる → 電話で入学する意思があるかどうか確認 → 入学する意思がある場合、合格者となる → 合格通知および入学手続書類を郵送

Q10 成績開示の手続きはどのようにしたらいいですか。

A10 出願登録時に本人からの申請により開示します。

Q11 面接はどのように評価されますか。

A11 知識を問う面接ではなく、将来、医師となる人格を備えているかどうかについての面接であり、その他の科目と合わせて総合評価されます。

Q12 科目間、特に選択科目(理科)において、平均点の差が大きい場合、傾斜配点等は行われますか。

A12 理科の各科目間で、原則として、15点以上の平均点差が生じ、これが試験問題の難易差に基づくものと認められる場合には、得点調整を行います。

Q13 低学年のうちに医学に対するモチベーションを向上させる科目はありますか。

A13 1年次の医学入門実習(病棟、医局など)、学外施設体験学習(1~2年)、解剖学の講義・実習を1年次に開講しています。

Q14 特徴的な科目はありますか。

A14 1年次の協同学習や3年次のRMCP(研究室配属)が挙げられます。協同学習ではコミュニケーション能力、チーム医療に資する人間性(協同の精神)と科学的探究を体験的に学びます。RMCPでは、約1か月の間、医学研究を通じ、医学を探求する楽しさを経験します。

Q15 海外留学はできますか。

A15 制度としてはありませんが、3年次のRMCPで海外研修を行う学生が約10名ほどいます。

Q16 医学部を卒業しての進路状況、どのくらいの割合で大学に残っていますか。

A16 初期臨床研修20名程度。専門医研修(入局者)40名程度。

Q17 クラブ活動は盛んですか。

A17 7割くらいの学生が参加している。学内の縦横のつながりだけでなく、他大学の医学科生との交流もあるようです。

Q18 アパートや寮はありますか。

A18 近郊のアパート等や2020年4月にオープンした久留米大学医学部男子学生専用の寮を、本学グループ会社”ケーユー”で紹介しています。

その他のQ&Aはこちら

医学部看護学科 Q&A

Q&Aはこちら

臨床検査専門学校 Q&A

Q&Aはこちら  入試関係Q&Aはこちら

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)