ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

3つのポリシー

アドミッションポリシー(学生受入の方針)

前期博士課程 臨床心理学専攻

心理学の基礎的知識を有しており、臨床心理学に関する研究力と実践力を積極的に身につける意欲を持ち、将来研究や臨床の分野で仕事に就くことを目指す人。
医療や福祉、教育、司法・矯正領域などで仕事に従事している社会人で、臨床心理学に関する研究力を身につけるとともに臨床心理士資格を取得することを目的とし、高度な専門的知識やスキルを将来研究や臨床現場に活かすことを目指している人。

 前期博士課程 人間行動心理学専攻

心理学の基礎的知識を有しており、知覚・認知・教育・発達・社会心理学等に関する研究を行う意欲を持ち、専門的知識や研究力を将来研究・教育・医療・福祉等の領域に活かすことを目指している人。
医療や福祉、教育、司法・矯正領域などで仕事に従事している社会人で、心理学に関する研究を行って修士号を取得することを目的とし、専門的知識や研究力を将来研究や現場に活かすことを目指している人。

後期博士課程 心理学専攻

高度の専門的研究力を身につけ、研究職等に就くことを目指している人。
前期博士課程までに一定水準の心理学に関する研究成果を修めており、後期博士課程在学中に展開できる明確な研究計画を持ち、着実に研究成果を積み上げていく学問的忍耐力をもって、規定の期間内に学位論文の完成が見込める人。

カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施方針)

前期博士課程(臨床心理学専攻)

臨床心理の領域における高度専門職業人にふさわしい専門知識を身につけるための臨床心理学および関連分野に関する講義科目、および実践的に対人援助を行う能力を培うための演習科目および実習科目を設ける。さらに専門家としての研究力を育成するための修士論文指導を行う。

前期博士課程(人間行動心理学専攻)

幅広く深い学識を身につけるための専門および周辺領域に関する講義科目、および人間行動のシステムおよびプロセスに関する研究をすすめるための技能に関する科目を設ける。さらに専門分野における研究能力を育成するための論文指導科目を通じて修士論文指導を行う。

後期博士課程(心理学専攻)

前期博士課程での研究を発展させ,基盤的・先端的な専門知識、技能を修得させ、自立した研究者を養成するために、専門領域および周辺領域に関する科目を設置する。また、論文指導を通じて博士学位論文の完成を目指す。

ディプロマポリシー(学位授与方針)

前期博士課程(臨床心理学専攻)

優れた教養と高い専門知識を有し、臨床心理学の実践に必要な理論と実務の両面にわたる能力を備える。加えて深く職業的倫理を理解した高度専門職業人として社会に貢献できる力を身につけている。

前期博士課程(人間行動心理学専攻)

幅広く深い心理学の専門知識を備え、専門分野における研究能力と、高度な専門性を必要とする職業を担うための優れた能力を身につけている。

後期博士課程(心理学専攻)

心理学の分野に貢献する先端的な理論を構築するために高い倫理性と強固な責任感をもった研究者として自立して活動できる。または高度な専門業務に従事するために必要な能力とその基盤となる深い学識を身につけている。


国際交流交通アクセス