ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 心理学研究科 > 研究科案内 > 理念・目的 > 心理学研究科の教育理念・目的

心理学研究科の教育理念・目的

心理学に対する社会的な要請に応えるために、社会の高度化・複雑化に対応できる幅の広い視野を持ち、心理学的知識を活用した総合的な判断のもとに適切な問題解決ができる高度な専門的能力と実践力を有する職業人、並びに心理学の先駆的な学術研究を推進できる研究者を育成する。

 

【前期博士課程(臨床心理学専攻、人間行動心理学専攻)】

前期博士課程では、地域社会の要請に応じ、心身の健康をケアし、より望ましい生き方を支援するための知識と経験を有する高度専門職業人ならびに研究者の養成を目指します。
前期博士課程修了者には、修士の学位が授与されるほか、高等学校教諭の専修免許状(公民)、学校心理士の受験資格、認定カウンセラー(人間行動心理学専攻のみ)や認定臨床心理士の受験資格(臨床心理学専攻のみ)が取得出来ます。
 

【後期博士課程(心理学専攻)】

心理学の基礎的研究を中心とした学術研究の推進と共に、高度の心理学的な専門能力と実践力を有する人材の育成および基礎的・先駆的な学術研究を推進できる心理学研究者の育成を目指します。
後期博士課程では、心理学の基礎的・先駆的な学術研究を推進する優れた研究者の育成を基本的な役割とすると共に、博士の学位を取得して、将来、心理学に関する特定の職業等に従事するのに必要な高度の専門的知識と研究能力の育成を目指します。
 

 


国際交流交通アクセス