ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 心理学研究科 > 研究科案内 > 理念・目的 > 心理学研究科 基本理念・教育の目的

心理学研究科 基本理念・教育の目的

基本理念

心理学に対する社会的な要請に応えるために、社会の高度化・複雑化に対応できる幅の広い視野を持ち、心理学的知識を活用した総合的な判断のもとに適切な問題解決ができる高度な専門的能力と実践力を有する職業人、並びに心理学の先駆的な学術研究を推進できる研究者を育成する。

教育の目的

【前期博士課程(臨床心理学専攻、人間行動心理学専攻)】

(臨床心理学専攻)

臨床心理学に関する専門的知識を身につけ、それを現場に応用することができ、対人援助に関する高度専門職業人として臨床心理の領域に貢献できる研究力と実践力のある人材を養成する。

(人間行動心理学専攻)

人間行動のシステムおよびプロセスを研究することで専門的な知識と研究力を身につけ、心理学研究職および心理学の周辺領域の職業において高度な専門的能力を活かすことのできる人材を養成する。

【後期博士課程(心理学専攻)】

心理学に関する先駆的な学術研究を推進できる優れた研究者等を養成する。

 


国際交流交通アクセス