ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 商学部 > 学部案内 > 学部概要 > 3つのポリシー(商学部)

3つのポリシー(商学部)

アドミッションポリシー(学生受入の方針)

商学部は、「新しい社会をひらくビジネス・リーダーの育成」を教育理念とし、それを実現するために「ビジネス」について教育・研究することを使命としています。多岐にわたる「ビジネス」の中で、商学部では(1)グローバルに展開するビジネス、(2)地域社会を牽引するビジネス、(3)会計の専門知識を活用するビジネスに主眼をおき、それぞれでリーダーとなりうる人材の育成を目指します。そこで商学部では、次のような「多様な素質・素養を持った人材を評価し、受け入れること」を入学者受入方針としています。

  1. 商学部で学修するために必要な基礎学力を備えた学生
  2. 資格や課外活動、社会活動等、それぞれの個性に応じた実績と可能性を有する学生
  3. さまざまな価値観や経験を有する学生

このような多様な学生が学業や学生生活の中で互いにコミュニケーションをとり、刺激し合い、切磋琢磨することで、ビジネス・リーダーとしての能力を磨いてほしいと考えています。

カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施方針)

 「新しい社会をひらくビジネス・リーダーの育成」の実現に向けて、論理的な思考力・コミュニケーション力・実行力を、各科目区分で1年次から4年次にわたり切れ目なく養成し、筆記試験やレポートのみならずディスカッションやプレゼンテーションの参加態度などにより総合的に評価し、修得に結び付けます。
 (1)初年次教育科目として演習1(1年次)を配置し、基礎学力、能動的に学修する力、コミュニケーション力などを養成します。
 (2)基礎教養科目では、人生を豊かにする教養と論理的な思考力を、ビジネス教養科目では、ビジネスに結び付く教養と論理的な思考力を、キャリア教育科目では、高い職業意識、コミュニケーション力、実行力を、それぞれ養成します。
 (3)演習は、演習1の他、演習2(2年次)・3(3年次)・4(4年次)からなり、高度な専門性に基づくコミュニケーション力と実行力を育成します。それ以外の商学系、経営学系、会計学系の各専門科目(選択科目)では、社会人として身に付けるべき専門知識と論理的な思考力を養成します。
 (4)それ以外にも、外国語科目では、日常生活やビジネスに役立つ語学力を養成し、情報科目では、基本的な情報処理能力を養成します。

ディプロマポリシー(学位授与方針)

『新しい社会をひらくビジネス・リーダーの育成』という教育理念に立って、ビジネス社会の担い手となる人間性豊かで、広く社会の発展・向上に貢献できるような人材を育成するために、学生に対して、厳格な成績評価と適切な卒業研究指導に基づき、所定の単位を認定しています。教育理念を実現するための、論理的な思考力・コミュニケーション力・実行力を身につけた学生に対して、学士(商学)を授与します。


入試情報国際交流交通アクセス