ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 医学部看護学科 > 学科案内 > 学科概要 > 3つのポリシー(医学部看護学科)

3つのポリシー(医学部看護学科)

医学部看護学科の3つのポリシー

アドミッションポリシー

本学科が求める志願者像

  1. 人と接することの好きな人
  2. 温かく優しい心を持った人
  3. 学修意欲があり、努力を怠らない人
  4. なにごとにもチャレンジ精神のある人
  5. 看護学を学ぶ上で基礎学力を有する人

本学科での看護学教育の中で、その内容を十分に修得し高校生から看護師・保健師の卵へと成長するには、看護への思い、看護職としての適性以外に、高等学校において、自己表現能力、コミュニケーション能力や論理的思考を身に付けておくことが重要であると考えています。

教育課程の編成・実施方針(カリキュラムポリシー)

  1. 広い視野から人間を総合的に理解するために、倫理観を培い、感性を磨くことを目指し、豊富な選択科目を複数学年に配置している。
  2. 人の健康について、看護学の教育内容と密接につながるように、専門基礎科目の基礎医学・臨床医学系の科目を配置している。
  3. 看護実践の基礎的能力を養うため、人間の発達段階、健康の段階、生活の場を主軸にし、看護師課程と保健師課程の教育内容を4年間のカリキュラムの中で有機的に統合している。
  4. 問題の解決と新たな価値の創造につなげていく能力や姿勢・科学的思考を育成するために、科目として「研究」を4年間で段階的に配置し、丁寧な個別指導を行っている。
  5. 保健医療福祉のさまざまな分野において他職種と連携・協働する、看護の役割を学ぶため、多様な実習場で、インタープロフェッショナル教育を実施している。

学位授与方針(ディプロマポリシー)

本学では、授業科目及び単位数の卒業要件を満たし、以下の能力を修得した学生に対して、「学士」(看護学)の学位を授与する。

  1. 豊かな感性と創造力をもち、主体的に行動することができる。
  2. 倫理観に基づき、人権を尊重・擁護することができる。
  3. 看護学の基礎的知識・技術・態度を身につけ、実践することができる。
  4. 看護の現象を自ら探究し、問題を解決することができる。
  5. 他職種と連携・協働し、看護の役割を発展させることができる。
  6. 地域および国際的視野で、社会に貢献することができる。


入試情報国際交流交通アクセス