ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 経済学部

本文


経済学部

経済学部の特色

教室の外にも、学びの場はある

 21世紀は、環境や文化を大切にする時代です。これまでの大量生産、大量消費、効率中心の経済社会から、人間らしい視点を重視する新しい時代を迎えています。専門的知識に加えて、総合的・文化的な視野を備えた人材を、国も地域も求めています。
 久留米大学経済学部は、そうした時代の要請にこたえることのできる人材を育てます。ローカルとグローバルの統一的視点を持ち、経済学の知識・発想を生かして地域社会や国際社会の継続的な発展に貢献できる実践的人材を育成します。

 

実践できる学び オリジナリティを生み出せる学び 自己を高める学び

 先進国を中心として実施されてきた異例の政策は,世界を大きく変えようとしています。激しいマネーの動向、貧富の格差の拡大、民族の対立、環境破壊の進行。
 このような社会において若者にもとめられているのは、経済の正しい理解とビジネス・チャンスの認識、多様な文化の理解と寛容の精神、地球規模での地域の交流と環境のコントロールです。このような社会で活躍するためには、大学において「実践できる学び、オリジナリティを生み出せる学び、自己を高める学び」を実践しなくてはなりません。

 

自ら自由に学べる環境を強力にバックアップ

アクティブ・プログラム

アクティブ・プログラム 学生の自主的取り組みを教員がサポートし、「アクティブ・プログラム」として、単位認定しています。例えば、先輩が新入生に経済学を教える勉強会を行ったり、ゼミ対抗のスポーツ大会を開催したりと、多彩な活動が展開されています。また久留米大学・鹿児島大学・福岡大学・熊本学園大学による九州学生経済研究会が毎年開催され、最近の経済問題を取り上げ、自分たちで研究、討論し、学生間の交流を深めています。

地域事情研修、海外研修

海外研修(中国) 自主性をはぐくむ取り組みは、地域へ海外へと広がっています。地域経済の活性化に取り組まれているさまざまな現場を訪ね、体験的な学習を積むことで、自らの視野を広げることができます。海外研修も、韓国、中国、台湾、カンボジア、アメリカ、ドイツなど各地で行われています。これらの研修に対して、学部から補助金を支給し、学生を経済面でもサポートしています。

 

経済学部の教育目標

 経済学部の基本理念に基づき、地域社会と国際社会の両方が安定的に発展してゆく道筋や、豊かな経済社会を創造する道筋を考えることができる人材の育成を目標としています。

 

学びのポイント

  1. 経済社会の動きの基礎にある法則性を追求する
  2. 国際経済理解のための世界的な視野を与える
  3. 株・オプション取引など金融市場を理解し分析する情報処理教育
  4. 地域の文化資源と地域の活性化を考える
  5. 環境問題・ツーリズムを「教室の外で」学ぶ

 

経済学部各学科のご案内

経済学科文化経済学科

 

各種情報のご案内

学部案内

学部長あいさつ教育方針カリキュラム就職・進路情報資格・国家試験

学科紹介

経済学科文化経済学科教員紹介(経済学科)教員紹介(文化経済学科)

学生生活

キャンパスライフ学納金・奨学金プログラム体験記同窓会メニューボタン(在学生インタビュー)卒業生インタビュー

特色ある教育

アクティブプログラム海外研修地域事情研修論文A・Bインターンシップ久留米経世論集(学生論集)

その他

お知らせ地域のうごき

 

Pick Up

KUポータル 授業評価アンケート 地域貢献 日本語教育学副専攻課程