ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文


論文指導

論文指導について

1.研究題目及び指導教員の登録までの流れ

本学では入学後、所定の期限までに「研究題目届」により、指導教員及び研究題目を教務課に提出することとしています。

  1. 入学後、自分が研究しようと思うテーマを指導できる教員(主指導教員)を、学生便覧に記載している各教員の講義内容等を参考に探し、直接、教員に会って依頼してください。ただし、主指導教員になることができる者は、研究科が認めた専任の有資格者に限られているので、注意してください。(主指導教員一覧を参照のこと)

  2. 主指導教員が決まったら、研究題目、副指導教員の選定、研究に必要な科目の履修について、主指導教員と相談してください。

  3. 副指導教員は、前期博士課程の方は必ずしも選定する必要はありませんが、研究に必要な場合は、専任教員(論文指導資格者又は授業担当者)から選んでください。後期博士課程の方は、副指導教員を名選定してください。(副指導教員一覧を参照のこと)

  4. こうして、指導教員と研究題目が決まったら、「研究題目届」に必要事項を記載して、所定の期限までに教務課に提出してください。

 

2.論文指導と指導計画の提示

心理学研究科においては、円滑かつ段階的な論文指導を行うために「論文指導」という科目を設けています。

「論文指導」は、その科目設置目的から、学年毎に段階的に履修することを基本としており、修了要件に必要な単位をまとめて修得することはできないようになっています。

「論文指導」の評価は、指導状況、論文作成状況、論文発表会での発表状況等により、総合的に評価されます。特に最終の論文指導の単位については、提出した論文(修士論文又は博士論文)が合格しなければ、修得することができません。

また、具体的な指導計画については、各学生の研究テーマにより指導方法が異なるため、各主指導教員が、学生と相談した上で、「論文指導」の初めに学生毎に提示することとしています。

なお、各専攻の基本的な指導計画は事前に策定しているので、参考にしてください。(論文指導計画一覧を参照のこと)

(注)「論文指導」の科目を履修するためには、主指導教員の「論文指導」を履修登録する必要があります。研究題目届を提出しただけでは、「論文指導」の科目を履修することはできないので注意してください。

 

3.論文審査と結果通知

論文は、前期博士課程では2年次、後期博士課程では3年次に、大学が指定する期限までに提出することとしています。

特に後期博士課程の過程博士論文の審査は、最低でも半年の期間を要することから、在学中に論文審査を終了し、修了判定まで行うために、3年次の9月末日までに提出することとしていますので、注意して下さい。

この期間以降に提出された場合は、在学中に審査を完了することができないため、退学後の論文提出者と同様の扱いになります。

提出された論文については、主査、副査(通常は主指導教員を主査、副指導教員を副査として選定しています)において、論文発表の内容や口述試験の結果等も含めて、論文審査が行われ、最終的には研究科委員会で学位授与が決定されます。

学位授与者については、決定後、速やかに掲示や該当者への通知により連絡します。

また、論文の評価については、修了者には成績通知表に記載します。

ただし、後期博士課程の退学後に論文を提出し、合格した者については別途方法により、論文の評価を通知します。