ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 経済学経済学科

本文


経済学部経済学科

経済社会の課題を多角的に分析し、未来に生かす

経済を理論と実践の両面から学び、実社会で活躍できる経済人へ

授業風景の写真 豊かになるにはどうするか?
個人なら一生懸命働き、無駄遣いをしないのが一番。しかし、皆が節約するとモノが売れず社会全体としては貧しくなります。 経済学科ではモノやサービスが生み出され、売買される社会全体(国内および世界)を研究し、皆が豊かになる方法を探ります。

 

本学科のメリット

討論会の様子日本の新卒一括採用においては、就職活動時に何の能力を見られるのでしょうか?
実は、すぐに仕事に使える専門実務能力ではなく、ジェネリック・スキル(汎用的能力)を重視する企業がほとんどです。汎用的能力とは、論理的・本質的な思考力や対人関係力等で、社会人に必要な基礎的能力です。この論理的・本質的思考訓練は、伝統的な経済学の得意とする分野です。これに加えて、実践的プログラムや少人数ゼミで対人関係力も磨きます。
経済学科が就職に強いのには訳があります。

 

 

コース別紹介

経済理論・政策コース

 現代社会にあっては失業、貧困、不況、赤字問題等、様々な問題を抱え、戸惑うばかりの印象を受けます。しかし、その底流に流れる経済に係わるエッセンスを理解していくと、歴史的にも繰り返されて共通にみられる要因と結果を把握できるようになります。経済理論・政策コースでは、こうした経済のエッセンスをしっかりと学び、また今、身の回りに起こっている様々な経済的な問題を理解しながら、「生きがいのある社会」に向けて、変化の著しい現代経済をナビゲート(リアルな方策を提言し、実行していくこと)できる人材を育成することを目的としています。

国際比較経済コース

 世界の経済社会はグローバルで、多様な展開を見せています。これらの状況を正確に勉強することは、現代社会において活躍する上で不可欠であるといえます。そこで、このコースでは、まず、国際経済学および国際金融論などの基礎知識を勉強しながら、世界経済の構造について学びます。その上で、世界の各国・各地域(たとえば欧米、東アジアなど)の経済を比較分析しながら、ダイナミックな世界経済の展開と多様な価値観を理解します。そして、これらの勉強を通して、貿易・国際関連サービスや海外での企業活動に対応できる基礎的素養を身に付けます。このコースは、経済社会に貢献しつつ、国際社会に向けて的確な情報発信ができる経済人を育成することを目的としています。

金融・情報コース

 現代の経済は、金融に関わるシステムが大きな役割を果たしています。そして、株式、債券などが取り引きされる資産市場などの情報を収集し、これを分析することが大変重要になっています。そのために、このコースでは、IT(情報処理技術)を学びつつ、金融システムとその役割を理解し、ITを応用して金融に関わる情報を収集して、これを分析する技術を習得します。このような勉強を系統的に行うために、このコースには、ITに関わる科目に加え、金融工学、企業評価論、証券市場論など多彩な科目を配置しています。このコースは、これらの勉強を通して、経済情勢を正確に判断できる経済人を育成することを目的としています。