ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 大学紹介 > 久留米大学の概要 > 建学の精神・基本理念

本文

建学の精神・基本理念


建学の精神

国手の矜持(ほこり)は常に仁なり

 

大学の原点、それは“建学の精神”にあります。
その言葉には、創設時の熱い想いが溢れ、現在の教育・研究の指針にもなります。

第1回入学式

久留米大学の前身、九州医学専門学校は、当時不足していた医療分野での実践的人物の育英という地域ニーズに応えて1928年に設立されました。伊東祐彦校長は、第1回の講義で次のことを述べています。
「諸君が将来医者になって、余暇に山登りをしたとする。途中の一軒家に病いに苦しむ老婆の姿がある。君ならどうする。その時、そしらぬ顔してゆくか、専門が違うとか、診断の器具がないからと、逃げるか。それでは医者ではない。聴診器がなくとも、薬がなくとも、手があり、目があり、口があるじゃないか、そばに行って少しでもその苦痛を和らげるのが本当の医者だ。」(久留米大学50年史より)

この話は医師を目指す学生の胸に深く刻まれ、本学の建学の精神の土台となりました。

 

校歌表紙北原白秋

1930年に制定された北原白秋作詞の校歌には「国手(こくしゅ)の矜持(ほこり)は常に仁(じん)なり」と謳われています。
「国手」は本来、名医の意味で使われますが、「国中ですぐれた名人」(『大漢和辞典』)の意味があり、全学的に通じる言葉です。「矜持」は自信と誇りを持ち、自身を抑制しながら堂々と振る舞うことで、「仁」は「礼にもとづく自己抑制と他者への思いやり」(『広辞苑』第五版)を意味しています。

本学では、この一節を建学の精神として定め、それぞれの分野における優れた実践的人材(国手)の育成に努めています。

 

基本理念

真理と正義を探求し、人間愛と人間尊重を希求して、高い理想をもった人間性豊かな実践的人材の育成を目指すとともに、地域文化に光を与え、その輝きを世界に伝え、人類の平和に貢献することを使命とする。

九州医学専門学校の設立当初から、総合大学として発展してきた今日に至るまで、「国手の矜持(ほこり)は常に仁なり」の精神は一貫して受け継がれ、現在の基本理念に継承されています。

 


  • 久留米大学へのご支援をお考えの皆さまへ
  • 公開講座