ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 学内組織 > 広報室 > 教職員の方へ

本文

教職員の方へ


大学本館

久留米大学本館:国の登録有形文化財

学内向け情報サービス

学外から、全学/Medメールなどの学内コンテンツを利用できます。(ログインには、メールアドレス等が必要です。ログインの途中で、ブラウザから警告のメッセージが出る場合がありますが、問題のないサイトですので、そのままご利用ください)

広報誌

建学の精神・基本理念

建学の精神 : 国手の矜持(ほこり)は常に仁なり

1930年に制定された北原白秋作詞の校歌には「国手(こくしゅ)の矜持(ほこり)は常に仁(じん)なり」と謳われています。
「国手」は本来、名医の意味で使われますが、「国中ですぐれた名人」(『大漢和辞典』)の意味があり、全学的に通じる言葉です。「矜持」は自信と誇りを持ち、自身を抑制しながら堂々と振る舞うことで、「仁」は「礼にもとづく自己抑制と他者への思いやり」(『広辞苑』第五版)を意味しています。

本学では、この一節を建学の精神として定め、それぞれの分野における優れた実践的人材(国手)の育成に努めています。

基本理念 : 真理と正義を探求し、人間愛と人間尊重を希求して、高い理想をもった人間性豊かな実践的人材の育成を目指すとともに、地域文化に光を与え、その輝きを世界に伝え、人類の平和に貢献することを使命とする。

本学の前身となる九州医学専門学校の設立(1928年)当初から、総合大学として発展してきた今日に至るまで、「国手の矜持(ほこり)は常に仁なり」の精神は一貫して受け継がれ、現在の基本理念に継承されています。

その他


  • 久留米大学へのご支援をお考えの皆さまへ
  • 公開講座