ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 医学研究科 > 研究科案内 > 研究科概要 > 3つのポリシー(医学研究科)

本文


3つのポリシー(医学研究科)

医学研究科の3つのポリシー

アドミッションポリシー(学生受入の方針)

修士課程

 本研究科修士課程は、あらゆる学部の大学卒業者で、医学・医療に貢献することを目指す多様な学問的背景をもった人材を対象にしている。
広い視野に立った看護学、基礎医学、社会医学、分子生命科学およびバイオ統計学における研究能力及び高度の専門性が求められる職業を担うための卓越した能力、教養、人間性を備えた人材を養成し輩出することを目的としているので以下のような人材を求めます。

  1. 本課程修了後に医療現場における高度な専門職業人としての活躍を目指す人。
  2. 本課程修了後に教育・研究者として更なる研鑽(博士課程への進学)を希望する人。
  3. 国際社会に貢献する意欲のある人。
  4. あらゆる学部の卒業者で保健・医療・福祉関連分野の業務経験者を歓迎する。
  5. 学士以外にも医療・福祉系国家資格有資格者で医療・保健・福祉業務にすでに従事している社会人が働きながらスキルアップを目指し、業務と学修の両立を目指す意欲ある者を歓迎する。

博士課程


 本研究科博士課程は、主に医学部・歯学部・獣医学部などの卒業者を対象としている。
 医学の臨床、基礎の各分野で自立した研究者として先駆的な学術研究を推進する能力をもつ人材を育成するとともに、高度に専門的な医療業務に従事するために必要とされる幅広い学識、国際的視野並びに豊かな教養と人間性を備えた人材を育成することを目的としているので以下のような人材を求めます。

  1. 本課程修了後に医療現場におけるスペシャリストとして、また、教育・研究の場で指導的立場として国際的な活躍を目指す人。
  2. 医療・福祉系の大学院前期(修士)課程修了者や医療系の現場・大学・官公庁・企業などにおいて一定の研究経験を有する者、さらに、一定の条件を満たせば外国人留学生も歓迎する。
  3. 医療・保健に従事している社会人(臨床研修医を含む)が、働きながらスキルアップを目指すべく、業務と学修の両立を目指す意欲ある者を歓迎する。

カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施方針)

修士課程

 修士課程は、平成28年度より医科学専攻(基礎医学群、社会医学群、分子生命科学群、バイオ統計学群)と看護学専攻(修士論文コース、専門職養成コース)の2専攻4学群2コースからなる。
コースワークとして教育・研究者育成を主眼とした「アカデミックコース」、高度専門職業人育成に特化した「スペシャリストコース」を設けている。

  1. 基礎科目として広範かつ体系的な医学知識を修得する。
  2. 社会で活躍している国内外の優れた講師を招聘した特別講義を履修できる。
  3. 1年次は志望する専攻科目の専門知識および最新情報を修得する科目を組合せて履修する。
  4. 1〜2年次にかけて指導教授からの研究指導を通じて研究題目の設定、研究計画書の策定、データ収集を行い、修士学位論文を作成する。

博士課程

 博士課程は生理系専攻、病理系専攻、社会医学系専攻及び個別最適医療系専攻の4つの専攻からなる。

  1. 共通科目において研究に必須な基礎知識を体系的に修得する。
  2. 社会で活躍している国内外の優れた講師を招聘した特別講義を履修できる。
  3. 1~2年次は志望する専攻科目を基礎に、高度な医学研究を支える専門的知識を修得する科目を組合せて履修する。
  4. 1〜4年次にかけて指導教授からの研究指導を通じて研究題目の設定、研究計画書の策定、データ収集を行い、博士学位論文を作成する。

ディプロマポリシー(学位授与方針)

 修士課程

 【修士(医科学)】

修士課程では、2年以上在学し(長期履修学生制度該当者は3年間)、所定の単位を取得し、以下の要件を満たし、かつ学位論文を提出してその審査及び最終試験に合格した者に「修士(医科学、看護学)」の学位を授与する。ただし、1年以上在学し研究業績を上げた者で所定の要件を満たした場合には、同学位を授与することがある。

(達成すべき要件)
  1. 論文作成能力(学位論文を作成できる)
  2. 研究倫理に基づいた研究を遂行する能力(米国科学アカデミー編A guide to responsible conduct in research「科学者をめざす君たちへ」(化学同人社)を読み内容を理解している)
  3. 人間の尊厳と権利を擁護し、倫理観をもとに問題解決を探求する能力(ヘルシンキ宣言、リスボン宣言を理解している)
  4. 国内外の学会で発表を経験する(国内学会は日本語でも可)
  5. 研究計画の策定能力(研究題目の設定、研究計画書の策定と提出を経験する)
  6. 科学的議論を行う能力(学会あるいは研究会・セミナーで質疑応答を経験する)

1)2)3)は必須条件とする。加えて4)~6)の内2つ以上を経験することが条件となる。


【修士(看護学)】

修士課程看護学専攻では、医学研究科の教育・研究上の目的に基づき、次のような能力を身につけ、修了に必要な単位を修得し、かつ必要な研究指導を受けた上で修士論文の審査および最終試験に合
格した者に「修士(看護学)」の学位を授与する。ただし、1年以上在学し研究業績を上げた者で所定の要件を満たした場合には、同学位を授与することがある。

(達成すべき要件)
  1. 専攻分野における卓越した看護実践能力を有する。
  2. 看護の質の改善、看護学の発展に寄与できる研究能力を有する。
  3. 自律した専門職として、総合的な調整能力をもち多職種間連携を主導する能力を有する。
  4. 高い倫理観をもち複雑な倫理的課題に対応できる能力を有する。
  5. 高度な教育・研究・実践活動を通し、地域社会に貢献できる能力を有する。
  6. 看護の現場を円滑に運営するための管理的役割と、看護学の発展を支える次世代を育てる教育力を有する。
  7. グローバルな国際的視野から看護を考える能力を有する。

 

博士課程

【博士(医学)】

博士課程では,4年(標準在籍期間)以上在学し,所定の単位を取得し,以下の要件を満たし,学位論文審査及び学位論文を中心とした最終試験に合格した者に「博士(医学)」の学位を授与する。た
だし,3年以上在学し研究業績を上げたもので所定の要件を満たした場合には同学位を授与することがある。

(達成すべき要件)
  1. 論文作成能力(学位論文の作成,投稿,掲載受諾まで遂行できる)
  2. 研究倫理に基づいた研究を遂行する能力(米国科学アカデミー編A guide to responsible conduct in research を読み内容を理解している)
  3. 人間の尊厳と権利を擁護し,倫理観をもとに問題解決を探求する能力(ヘルシンキ宣言,リスボン宣言を理解している)
  4. 国際的コミュニケーション能力(英語による学術集会発表・質疑応答を経験するなど)
  5. 国内外の学会での発表を経験する(国内学会は日本語でも可)
  6. 研究計画の策定能力(研究題目の設定,研究計画書の策定と提出を経験する)
  7. 大学院生が申請可能な研究費補助金申請書の記載提出を経験する
  8. 科学的議論を行う能力(研究リトリート,学術集会で質疑応答を経験する)
  9. 後輩大学院生の指導・教育を経験する

1)2)3)は必須条件で,特に1)の論文作成能力については,単著もしくは査読のある欧文学術誌に筆頭著者として原著論文を公表すること(論文の掲載受諾)が必要である。
それに加えて4)~9)の内4つ以上を経験することが条件となる。

【博士(医学バイオ統計学)】

博士課程社会医学系バイオ統計学専攻では,4年(標準在籍期間)以上在学し,所定の単位を取得し,以下の要件を満たし,学位論文審査及び学位論文を中心とした最終試験に合格した者に「博士(医
学バイオ統計学)」の学位を授与する。ただし,3年以上在学し研究業績を上げたもので所定の要件を満たした場合には同学位を授与することがある。

(達成すべき要件)
  1. 数理統計学の理論を理解し,与えられた研究目的に適した解析手法を選択し,適切に解析を行い,結果を正しく解釈することができる。
  2. 研究デザインを理解し,統計学的な観点から研究目的を達成するための研究計画を策定することができる。
  3. 人間の尊厳と権利を擁護し,倫理観をもとに問題解決を探求することができる。
  4. 研究発表・質疑応答・レポートにおいて,論旨・主張を論理的に説明でき,科学的な議論を行うことができる。
  5. 英語論文を含む文献レビューを行い,研究の目的・意義を明確に説明できる。
  6. 学位論文を作成し,投稿,掲載受諾まで遂行できる。
【博士(看護学)】

博士課程社会医学系看護学専攻では,医学研究科の教育・研究上の目的に則り,次のような能力を身につけ,修了に必要な単位を修得し,かつ必要な研究指導を受けた上で学位論文の審査および最終試
験に合格した者に「博士(看護学)」の学位を授与する。ただし,3年以上在学し研究業績を上げたもので所定の要件を満たした場合には同学位を授与することがある。

(達成すべき要件)
  1. あらゆる年代,健康レベルにある人の社会・環境における問題を捉えることのできる能力を有する。
  2. 人々の健康問題解決に向けて俯瞰的な視点で分析し,新たな看護の発見やケアの開発につながる高度な研究能力を有する。
  3. 人間の尊厳と権利を擁護できる倫理観を備え,看護問題を解決する能力を有する。
  4. 最新のエビデンスをもとに新たな知識と技術を創造し,看護学の学問体系の構築に寄与する能力を有する。
  5. 学際的かつグローバルに取り組み,新たな看護の知識や技術を社会に発信できる能力を有する。
  6. 学位論文を作成し,投稿,掲載受諾まで遂行できる。