ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 学内組織 > 広報室 > 新聞等で紹介された久留米大学

本文

新聞等で紹介された久留米大学


※掲載内容は、広報室で把握しているもので、すべての情報を網羅したものではありません。ご了承ください。

2021年度

「久留米大附設高校の生徒が国際物理オリンピックでメダル獲得」について
【附設高等学校3年生 楠元 康生さん、糸永 泰樹さん】

7月17日~24日に開催された国際物理オリンピックで、久留米大学附設高校3年生の楠元康生さんが金メダル、糸永 泰樹さんが銀メダルを受賞したことが、新聞に掲載されました。

参考:附設中学校高等学校ホームページ

参考:読売新聞ホームページ

7月27日読売新聞(29面)

「油彩画の個展開催」について
【吉田 勇輔非常勤講師】

本学で美術を教えている吉田 勇輔非常勤講師が久留米市で開催している油彩画の個展について新聞で紹介されました。

参考:西日本新聞ホームページ

7月22日

西日本新聞(16面)

「医学部看護学科で戴帽式」について

コロナウィルス感染症の影響で昨年度1月に実施できなかった医学部看護学科の戴帽式が本学旭町キャンパス筑水会館において挙行され、看護学科の2年生116名が戴帽を受けたことが、新聞等で紹介されました。

参考:久留米大学ホームページ

参考:FBS福岡放送ホームページ

参考:KBC九州朝日放送ホームページ

参考:西日本新聞ホームページ

7月16日

FBS
KBC

7月17日西日本新聞(18面)
7月23日読売新聞(23面)

「膵臓がんを検出する人工知能を開発」について
【病理部 内藤 嘉紀准教授】

病理部の内藤 嘉紀 准教授らグループによる、膵臓がんを検出する人工知能の研究成果が、新聞に掲載されました。

参考:久留米大学ホームページ

参考:西日本新聞ホームページ

6月28日

西日本新聞(9面)

7月16日読売新聞(8面)
7月23日産経新聞(21面)

「久留米大学で新型コロナワクチン職域接種開始」について

御井キャンパスで6月28日から始まった新型コロナワクチンの職域接種について、テレビで紹介されました。
参考:RKB毎日放送ホームページ

参考:FBS福岡放送ホームページ

参考:TNCテレビ西日本ホームページ

参考:KBC九州朝日放送ホームページ

6月28日

FBS
TNC
KBC
RKB

「久留米大学で新型コロナワクチン職域接種に向けたリハーサル」について

御井キャンパスで6月末から開始を予定している新型コロナワクチンの職域接種に向けたリハーサルの様子が、新聞等で紹介されました。

参考:久留米大学ホームページ

参考:西日本新聞ホームページ

参考:産経新聞ホームページ

参考:TNCテレビ西日本ホームページ

参考:TVQ九州放送ホームページ

参考:KBC九州朝日放送ホームページ

6月23日

西日本新聞(18面、23面)
読売新聞(27面)
産経新聞(23面)
朝日新聞(25面)
RKB
TNC
TVQ
KBC

6月24日朝日新聞(25面)

「地域の久留米絣と本学文学部4年生」について

クラウドファンディングを活用し、八女市福島地区に現存する古民家を後世に残そうとする久留米大学文学部 田中 求さんの活動の様子が新聞に掲載され紹介されました。

6月17日

読売新聞(25面)

「江戸時代における久留米藩の大雨による農業被害」について
【篠倉 大樹非常勤講師】

歴史地理学を専門とする篠倉 大樹非常勤講師が、江戸時代における久留米藩の大雨による農業被害についてまとめた研究成果が、新聞に掲載されました。

参考:西日本新聞ホームページ

6月5日

西日本新聞(16面)

「本学が久留米市と御井キャンパス内貯留施設建設に関連する覚書を締結」について

本学が久留米市と豪雨による浸水被害を軽減する目的で御井キャンパスのグラウンドに貯留施設を整備するための覚書を締結し、締結式の様子が新聞に掲載されました。

参考:久留米大学ホームページ

参考:西日本新聞ホームページ

参考:毎日新聞ホームページ

6月3日

毎日新聞(19面)
西日本新聞(18面)
読売新聞(23面)

「PCR検査に関するコメント」について
【医学部免疫学講座 溝口 充志教授】

医学部免疫学講座 溝口 充志教授がPCR検査に関する記事にコメントし、新聞に掲載されました。

参考:毎日新聞ホームページ

5月31日

毎日新聞(23面)

「新型コロナウイルス感染者への精神的ケアに関するコメント」について
【医学部神経精神医学講座 大江 美佐里准教授】

医学部神経精神医学講座 大江 美佐里准教授が新型コロナウイルスに感染した際の精神的ケアに関する記事にコメントし、新聞に掲載されました。

参考:西日本新聞ホームページ

5月24日

西日本新聞(27面)

「新型コロナウイルス感染症についてのコメント」について
【大学病院副病院長 高須 修教授】

大学病院 副病院長 高須 修教授が新型コロナウイルス感染拡大を受けた緊急事態宣言発令に伴う記事にコメントし、新聞に掲載されました。

参考:毎日新聞ホームページ

参考:西日本新聞ホームページ

5月8日

毎日新聞(23面)

5月13日西日本新聞(1面)
5月21日読売新聞(27面)

「新型コロナウイルスワクチン接種に関してのQ&A」について
【医学部免疫学講座 溝口 充志教授】

医学部免疫学講座 溝口 充志教授が「知りたい新型コロナ」のコーナーで新型コロナワクチンを接種する際の疑問に答え、新聞に掲載されました。

参考:西日本新聞ホームページ

5月3日

西日本新聞(11面)

「新型コロナウイルス感染症拡大についてのコメント」について
【大学病院災害危機担当 山下 典雄教授】

大学病院災害危機担当 山下 典雄教授が、新型コロナウイルス感染症拡大についての記事にコメントし、新聞に掲載されました。

4月23日

読売新聞(33面)

「脂肪肝のリスクと肝炎体操」について
【医学部消化器内科 川口 巧准教授】

医学部消化器内科の川口 巧准教授がコメントした脂肪肝に関しての見解と脂肪肝を改善するための「肝炎体操」の動画が新聞で紹介されました。

参考:肝炎情報センターホームページ

4月20日

中日新聞(20面)

「久留米大生が筑後産の藍を使い染色体験」について

法学部の学生3人が、久留米絣の織元「山藍」で筑後産の藍を使った布の染色体験をし、その様子が新聞に掲載されました。

4月19日

西日本新聞(18面)

「医療的ケア児のモデル人形開発」について
【医学部看護学科 渡邉 理恵講師】

医学部看護学科の渡邉 理恵講師が、人工呼吸器を着けて病院に長期入院をしている医療的ケア児が在宅療養に移行する際に、介護者がたんの吸引などの練習ができるモデル人形を開発し、新聞で紹介されました。

4月19日

西日本新聞(11面)

「高木背水による久留米大学本館と大学病院を描いた絵画」について

医学図書館で発見され修復された、明治天皇の肖像画で知られる高木背水により描かれた設立時の久留米大学本館と大学病院の絵画について、新聞で紹介されました。(大学本館入口に展示)

4月17日

西日本新聞(20面)

「ニューズウィーク誌で久留米大学病院が全国21位」について

米ニュース情報誌(日本版)の病院ランキングで、久留米大学病院が国内21位、全国の私立大学附属病院では4位の評価を受けたことが、新聞で紹介されました。

参考:本学ホームページ

4月14日

西日本新聞(24面)

産経新聞(23面)

5月26日朝日新聞(29面)

「『オレンジ健康フェスタ』の動画配信」について
【内村 直尚学長他】

2月にオンライン開催された「オレンジ健康フェスタ」(県認知症医療センター久留米大学病院主催)の様子が配信され、内村 直尚学長の特別講演「睡眠リズムと認知症」の動画などについて、新聞で紹介されました。

参考:久留米市役所ホームページ

4月10日

西日本新聞(18面)

「『暴力団博士』が新書出版」について
【広末 登非常勤講師】

「暴力団博士」の異名を持つ広末 登非常勤講師が出版した新書が、新聞で紹介されました。

参考:西日本新聞ホームページ

4月9日

毎日新聞(21面)

5月14日西日本新聞(20面)

「『スマホ育児』と子の自制心の関係についての研究成果」について
【文学部心理学科 浅野 良輔准教授】

文学部心理学科浅野 良輔准教授らの研究グループによる、「スマホ育児」と子の自制心の関係についての研究成果が、新聞に掲載されました。

参考:本学ホームページ

4月7日

西日本新聞(23面)

「非アルコール性脂肪肝炎に関する研究成果」について
【医学部内分泌代謝内科 蓮澤 奈央助教】

医学部内分泌代謝内科の蓮澤 奈央助教らの研究グループによる、非アルコール性脂肪肝炎の症状抑制に対し骨粗しょう症治療薬のクロドロン酸が症状を抑制することを明らかにした研究成果が、新聞に掲載されました。

参考:本学ホームページ

4月2日

産経新聞(21面)

「令和3年度久留米大学入学式」 について

令和2年度の久留米大学入学式の様子が新聞で紹介されました。

4月3日

西日本新聞(18面)

 

2020年度

「令和2年度久留米大学卒業式」について

令和2年度の久留米大学卒業式の様子が新聞等で紹介されました

参考:本学ホームページ

3月23日

西日本新聞(20面)

NHK

「非アルコール性脂肪肝炎に関する研究成果」について
【医学部内分泌代謝内科 蓮澤 奈央助教】

医学部内分泌代謝内科の蓮澤 奈央助教らの研究グループによる、非アルコール性脂肪肝炎の症状抑制に対し骨粗しょう症治療薬のクロドロン酸が症状を抑制することを明らかにした研究成果が、新聞に掲載されました。

参考:本学ホームページ

3月22日

西日本新聞(11面)

「新型コロナウイルス感染症の重症化についてのコメント」について
【医学部免疫学講座 溝口 充志教授】

医学部免疫学講座 溝口 充志教授の新型コロナウイルス感染症の重症化についてのコメントが、新聞に掲載されました。

参考:西日本新聞ホームページ

3月17日

西日本新聞(26面)

「久留米大学病院でワクチンの優先接種開始」について

久留米大学病院の医療従事者等を対象に3月15日から始まった新型コロナワクチンの接種について、新聞に掲載されました。

3月16日

毎日新聞(25面)
西日本新聞(20面)

「九州新幹線全線開通10周年(附設中学校の通学者)」について

九州新幹線全線開通10周年を記念した西日本新聞の特集で、附設中学校に鹿児島や熊本から新幹線で通学する生徒の記事が、新聞に掲載されました。

3月12日

西日本新聞(28面)

3月13日西日本新聞(20面)

「発達障害に関するコメント」について
【医学部小児科学講座 山下 裕史朗教授】

医学部小児科学講座 山下裕史朗教授の発達障害に関するコメントが、新聞に掲載されました。

3月5日

西日本新聞(24面)

「睡眠研究で実証した成果をもとに開発された『ベチバー香』」について
【内村 直尚学長】

睡眠研究の第一人者として知られる内村直尚学長らの研究グループが実証した研究成果をもとに開発された「ベチバー香」(株式会社天年堂が製造販売)について、新聞等で紹介されました。

参考:本学ホームページ

参考:産経新聞ホームページ

2月18日

TNC

3月3日西日本新聞
3月5日産経新聞

「RKB『発掘ゼミ』で大学院心理学研究科マインドフルネスの特集が放送」について

RKB毎日放送の番組「発掘ゼミ」で、大学院心理学研究科で研究されているマインドフルネスに関する特集が放送されました。

参考:RKBホームページ

2月13日

RKB

「子宮筋腫に対する子宮動脈塞栓術(UAE)治療」について
【医学部放射線医学講座 小金丸 雅道准教授】

読売新聞の「すこやかカフェ」の子宮筋腫に対する子宮動脈塞栓術(UAE)治療に関する特集で、久留米大学病院で治療にあたっている医学部放射線医学講座 小金丸 雅道准教授のインタビュー記事が掲載されました。

2月10日

読売新聞

「看護系大学の教員等による保健所への支援」について
【医学部看護学科 佐藤 祐佳准教授】

新型コロナウイルス感染症拡大に伴い負担の増加する保健所への支援を看護系大学の感染対策を専門とする教員などが行っている記事で、実際支援にあたっている医学部看護学科の佐藤 祐佳准教授が紹介されました。

2月9日

読売新聞

「新型コロナウイルス感染症拡大についてのコメント」について
【医学部感染制御学講座 渡邊 浩教授】

新型コロナウイルス感染症拡大についての記事に、医学部感染制御学講座の渡邊 浩教授がコメントし、新聞に掲載されました。

2月8日

西日本新聞

「熊本県川辺川ダム建設についてのインタビュー記事」について
【法学部 土肥 勲嗣講師】

熊本県川辺川ダムの建設について法学部の土肥 勲嗣講師がインタビューを受け、新聞で紹介されました。

2月6日

西日本新聞

「新型コロナウイルスへの大学病院の対応」について

新型コロナウイルス感染症感染拡大を受けた大学病院の対応について、テレビで紹介されました

2月6日

NHK

「久留米市の技能・技術優秀奨励者として表彰」について
【久留米大学医療センター 医療安全・感染対策室 江﨑 祐子主任看護師】

2月4日に医療センターの感染管理認定看護師である江﨑祐子さんが、優れた技能を持つ「技能・技術優秀奨励者(技術・技能優秀士)」に選ばれ、久留米市より表彰を受けたことが新聞に掲載されました。(学内外における感染対策への貢献が高く評価)

参考:本学ホームページ

2月5日

西日本新聞(24面)

「医療経営研究センター新設」について

病院・診療所等の経営問題を専門に取り扱う「医療経営研究センター」を2021年4月に本学医学部内に新設することが、新聞で紹介されました。

2月1日

西日本新聞

「発達障害に関するコメント」について
【医学部小児科学講座 山下 裕史朗教授】

医学部小児科学講座 山下裕史朗教授の発達障害に関するコメントが、新聞に掲載されました。

1月29日

西日本新聞

「久留米市の介護施設などへのコロナ感染予防の指導」について
【医学部看護学科長 三橋 睦子教授他】

医学部看護学科長の三橋睦子教授らが、久留米市の介護サービス施設で行っているコロナ感染予防の指導の様子が、テレビで紹介されました。(市とのタイアップ事業で、本学看護学科で感染を専門とする教員が、介護サービス施設等に対し、防護服やゾーニングなどコロナ感染予防の指導を行っている)

1月22日

NHK

「100円弁当で学生支援」について

コロナ禍で仕送りやアルバイトが減った一人暮らしの学生を支援するために御井キャンパス食堂で販売されている「100円夕食弁当」について、新聞で紹介されました。

1月21日

西日本新聞(18面)

「『第64回全国学芸サイエンスコンクール』で文部科学大臣賞受賞」について

久留米大学附設中学校3年の田上裕樹さんが、「久留米市のバイオテクノロジーの利用と地域創生のあり方」について研究した論文で『全国学芸サイエンスコンクール』の文部科学大臣賞を受賞したことが、新聞に掲載されました。

1月4日

西日本新聞(16面)

「『THE名門校』で久留米大学附設中学校・高等学校が紹介」について

12月27日にBSテレ東で放送された『THE名門校』で久留米大学附設中学校・高等学校が紹介されました。

参考:BSテレ東ホームページ

12月27日

BSテレ東

「基山町などと健康増進に向けた協議会設置」について

12月25日に連携協定を締結する佐賀県基山町など6団体で「健康増進」に向けた協議会を発足したことが、新聞で紹介されました。

12月27日

西日本新聞(12面)

「救急出動の回数減少に関するコメント掲載」について
【久留米大学病院 高度救命救急センター 山下典雄教授】

毎日新聞の救急車の出動回数に関する記事に、久留米大学病院 高度救命救急センター 山下典雄教授のコメントが掲載されました。

参考:毎日新聞ホームページ

12月25日

毎日新聞夕刊(7面)

「コロナ禍での差別や偏見についてのコメント掲載」について
【医学部神経精神医学講座 大江美佐里准教授】

新型コロナウイルスの感染者に接する看護師に関する記事に、医学部神経精神医学講座 大江美佐里教授の差別や偏見についてのコメントが掲載されました。

参考:読売新聞ホームページ

12月20日

読売新聞(30面)

「久留米大附設の『秀才』支える ゲーセン(芸術選択)の人間教育」について

日本経済新聞電子版で久留米大学附設中学校・高等学校についての特集記事が掲載されました。

参考:日本経済新聞電子版ホームページ

12月20日日本経済新聞電子版

「マネー情報誌オーエンでの新春講演会開催」について
【商学部 塚崎公義教授】

西日本新聞社のマネー情報誌「オーエン」にコラムを掲載している商学部の塚崎公義教授が来年1月12日に御井キャンパスでオーエンの企画として新春講演会「人生100年時代の資産づくり」を開催することが、新聞等で紹介されました。

参考:西日本新聞オーエンホームページ

12月17日西日本新聞(19面)

「第72回久留米大学学友会吹奏楽部 定期演奏会開催」について

12月20日に久留米シティプラザで久留米大学学友会吹奏楽部の定期演奏会が開催されることが新聞で紹介されました。

12月17日西日本新聞(19面)
12月25日西日本新聞(21面)

「久留米大生がラジオ番組企画」について

文学部情報社会学科で「放送制作実習演習」を受講する2、3年生18人が授業の一環でラジオ番組を企画・出演し12月20日に生放送されることが新聞等で紹介されました。

参考:毎日新聞ホームページ

12月17日毎日新聞(19面)

「演劇・合唱は全国クラス 久留米大附設の名物部活」について

日本経済新聞電子版で、全国大会にも出場を果たしている久留米大学附設高等学校の演劇部と合唱部の特集記事が掲載されました。

参考:日本経済新聞電子版ホームページ

12月13日日本経済新聞電子版

「アプリで病気を治療」について
【医学部小児科学講座 永光信一郎准教授】

医学部小児科学講座 永光信一郎准教授の研究グループが認知行動療法の手法を取り入れて開発した、中・高校生のこころと行動を支援するアプリ「むぎまる」が新聞等で紹介されました。

参考:朝日新聞ホームページ

参考:@pressホームページ

12月12日

朝日新聞

be on Saturday(4面)

「『ドクターに聞く』でのコメント掲載」について
【久留米大学医療センター 循環器内科 加藤宏司准教授】

12月7日に西日本新聞の『ドクターに聞く』のコーナーで、医療センター 循環器内科 加藤宏司准教授のコメントが掲載されました。

12月7日西日本新聞(9面)

「久留米大附設の自由と自治」について

日本経済新聞電子版で久留米大学附設中学校・高等学校についての特集記事が掲載されました。

参考:日本経済新聞電子版ホームページ

12月7日日本経済新聞電子版

「言語聴覚士を目指す久留米大学生」について

吃音を告白して学生生活を乗り越え、言語聴覚士を目指して学ぶ、久留米大学心理学科4年の亀井直哉さんが新聞等で紹介されました。

参考:西日本新聞ホームページ

参考:NHKホームページ

12月4日西日本新聞(11面)
12月16日NHK

「『知りたい新型コロナ』でのコメント掲載」について
【医学部免疫学講座 溝口充志教授】

12月1日の西日本新聞『知りたい 新型コロナ』のコーナーで、医学部免疫学講座 溝口充志教授のコメントが掲載されました。

12月1日西日本新聞(1面)

「中村哲先生の河川哲学を学ぶ集い開催」について

アフガニスタン復興の活動を続け、2019年12月に凶弾に倒れた中村哲医師の功績を振り返る「中村哲先生の河川哲学を学ぶ集い」が11月29日に御井キャンパスで開催され、新聞等で紹介されました。

参考:本学ホームページ

参考:西日本新聞ホームページ

参考:毎日新聞ホームページ

11月30日西日本新聞(20面)
12月1日毎日新聞(21面)

「難病の潰瘍性大腸炎を診断する血液診断マーカーを考案」について
【小児科学講座 水落建輝講師】

医学部小児科学講座 水落健輝講師の研究グループが、国の難病指定「潰瘍性大腸炎」を診断するため血液内の抗体を調べる血液診断マーカーを考案したことが、新聞で紹介されました。

参考:西日本新聞ホームページ

11月16日西日本新聞(9面)

「『医療フォーラム2020』の動画配信」について

先端癌治療研究センターが主催しているWebによる「医療フォーラム2020」の動画について、テレビで紹介されました。

参考:本学ホームページ

11月11日RKB

「医療センターでの遠隔手話通訳サービス」について

久留米市が10月15日から開始している「遠隔手話通訳サービス」について、実際に医療センターの整形外科・関節外科センターで利用されている様子がテレビで紹介されました。

11月10日NHK

「『筑後川ブランド大会』オンラインで開催」について

経済学部の学生が中心となり、筑後川と矢部川流域の自然や文化が生み出した商品をPRしブランド認定する『筑後川ブランド大会』が11月8日に開催されることが、新聞等で紹介されました。

参考:本学ホームページ

11月6日RKB
11月7日西日本新聞(18面)

「『病院の実力 九州・山口編』へコメント掲載」について
【医学部内科学講座 上部消化管腫瘍班長 向笠道太医師】
医学部外科学講座 上部消化管班長 村上直孝医師】

読売新聞の「病院の実力 九州・山口編」のコーナーで、医学部内科学講座 上部消化管腫瘍班長 向笠道太医師と医学部外科学講座 上部消化管班長 村上直孝医師の胃がんに関するコメントが掲載されました。

10月28日読売新聞(26面)

「西日本新聞こどもタイムス『感染症のこと正しく知ろう』への記事掲載」について
【医学部看護学科長 三橋 睦子教授】

西日本新聞の「こどもタイムス」のコーナーで、医学部看護学科で実施された公開講座「感染症の恐怖から身を守る」の様子が紹介されました。

10月27日西日本新聞(12面)

「難病『ミトコンドリア病』に診断薬」について
【小児科学講座 古賀靖敏教授】

医学部小児科学講座 古賀靖敏教授の研究グループが、国の難病指定『ミトコンドリア病』を早期発見するための診断薬を開発したことが、新聞で紹介されました。

参考:西日本新聞ホームページ

10月20日西日本新聞(25面)
2021年3月号ふくおか経済

「久留米大で『まわし読み新聞』」について
【文学部情報社会学科】

文学部情報社会学科で行っている、気になる新聞記事を抜粋、編集してオリジナルの新聞を作るワークショップ『まわし読み新聞』について、新聞で紹介されました。

10月20日西日本新聞(20面)

「久留米大が防災協力」について

久留米市で進めている、久留米大学御井キャンパスのグラウンドに、大雨時に支流の水を一時的にため増水を抑える計画が新聞で紹介されました。(それらの内容を含め、地域防災を担う人材を育成する市民公開講座を開催)

10月20日毎日新聞(20面)

「久留米大学附設中学校生徒の研究成果が第64日本学生科学賞最優秀賞に」について

久留米大学附設中学校3年生の生徒の研究成果が第64日本学生科学賞最優秀賞に選ばれたことが新聞で紹介されました。

10月20日読売新聞(26面)

「KBCテレビ『とっても健康らんど』出演」について
【医学部免疫学講座 溝口充志教授、医学部外科学講座(心臓血管外科)田山栄基教授】

医学部免疫学講座の溝口充志教授、医学部外科学講座(心臓血管外科)の田山栄基教授が、KBC九州朝日放送のテレビ番組「とっても健康らんど」に出演しました。

10月17日KBC

「親子を支援するスマートフォンアプリを共同開発」について
【医学部小児科学講座 永光信一郎准教授】

医学部小児科学講座 永光信一郎准教授の研究グループが、心の問題を抱える親子を支援するスマートフォン用アプリ「親子の心のHEROSE(ヒーローズ)」を久留米工業高等学校と共同開発したことが、新聞等で紹介されました。

参考:本学ホームページ

参考:西日本新聞ホームページ

10月8日西日本新聞(18面)
10月15日NHK

「沖縄の児童にプログラミングの遠隔授業」について
【商学部 木下和也教授】

商学部 木下和也教授のゼミでプログラミングを学ぶ学生サークル「team・csv(チーム・シーエスブイ)」が企画・運営を行い、沖縄県名護市立屋部小学校の児童にプログラミングの遠隔授業を実施したことが新聞で紹介されました。

参考:毎日新聞ホームページ

10月3日毎日新聞(23面)
10月23日西日本新聞

「カフェで学ぼうがんのこと」について
【先端癌治療研究センター 所長 山田亮教授】

NPO法人ウィックリング・ジャパン(福岡市)と久留米大学先端癌治療研究センターが共同で開催している医療セミナー「カフェで学ぼうがんのこと」(がんの患者さんや家族の支援を目的に専門医が情報を提供する取り組み)について、新聞で紹介されました。

9月25日読売新聞(27面)
12月7日西日本新聞(9面)

「世界大学ランキング 九州内で3位にランクイン」について

9月2日に発表された「THE世界大学ランキング2021」において、久留米大学は世界の「801-1000位」のグループにランクインし、九州では昨年に続き3位となったことが新聞で紹介されました。

参考:本学ホームページ

9月13日西日本新聞(20面)

「『最長政権 私の採点』へのコメント掲載」について
【商学部 塚崎公義教授】

西日本新聞の連載記事「最長政権 私の採点」のコーナーで、商学部 塚崎公義教授のコメントが新聞に掲載されました。

参考:西日本新聞ホームページ

9月11日西日本新聞(25面)

「高校生にがんの出前授業」について

9月10日に福岡県立朝倉東高等学校で行われた、本学医学部等の教授らによる「高校生向けのがん出前授業」について、テレビで紹介されました。

参考:本学ホームページ

9月10日NHK

「食欲を増進するホルモン『グレリン』が活性化する仕組みを解明」について
【分子生命科学研究所 児島将康教授】

久留米大学分子生命科学研究所の児島将康教授らのグループが、食欲を増進するホルモン『グレリン』が活性化する仕組みを世界で初めて解明し、英科学雑誌ネイチャー・コミュニケーションズに掲載、新聞で紹介されました。

参考:西日本新聞ホームページ

9月1日西日本新聞(28面)

「ウェブでオープンキャンパス」について

本学で行っているビデオ会議アプリ等を使ったWebオープンキャンパスについて、新聞で紹介されました。

参考:西日本新聞ホームページ

8月19日西日本新聞(18面)

「国際化学オリンピックで銀メダル受賞」について

国際化学オリンピックで、附設高等学校3年生の柴山礼寛さんを含む、日本代表の高校生4人が銀メダルを獲得したことが発表され、新聞で紹介されました。

参考:毎日新聞ホームページ

8月13日毎日新聞(10面)
8月28日日本経済新聞(19面)

「新型コロナウイルスの検査に関するコメント掲載」について
【医学部免疫学講座 溝口充志教授】

西日本新聞の新型コロナウイルスの検査に関する記事に、医学部免疫学講座 溝口充志教授の望ましい検査の在り方についてのコメントが掲載されました。

8月10日西日本新聞(11面)

「内村直尚学長が小郡市のふるさと学術大使に就任」について

7月30日に、本学が包括連携協定を締結している小郡市の「ふるさと学術大使」第1号に内村直尚学長が就任したことが、新聞で紹介されました。

参考:本学ホームページ

7月31日西日本新聞(18面)

「小郡市との包括連携協定締結」について

7月20日に本学と小郡市が、産業振興や保健福祉、人材育成などの分野で相互に協力することを目的として包括連携協定を締結したことが、新聞で紹介されました。

参考:本学ホームページ

7月21日西日本新聞(16面)

「久留米大学本館が国登録有形文化財(建造物)に」について

7月17日に国の文化審議会が、県内の建造物計9件を文部科学相に答申し、久留米大学本館が国登録有形文化財(建造物)に登録される予定であることが、新聞等で紹介されました。

参考:本学ホームページ

参考:朝日新聞ホームページ

参考:毎日新聞ホームページ

参考:佐賀新聞ホームページ

参考:NHKホームページ

7月18日

西日本新聞(18.19面)
朝日新聞(25面)
毎日新聞(23面)

7月20日NHK

「ckgz(チクゴズ)が日常の大切さを歌詞に」について

久留米大学文学部の神本秀爾准教授とゼミ生を中心に結成された音楽グループckgz(チクゴズ)が、新型コロナウイルスの感染拡大で失われた日常の大切さをテーマにした楽曲を制作し、新聞で紹介されました。

参考:西日本新聞ホームページ

7月20日西日本新聞(16面)

「コロナをテーマに学習発表」について

7月3日に旭町キャンパスで新型コロナウイルスについてグループ学習してきた医学部1年生・30グループの成果発表会が開催され、発表の様子が新聞で紹介されました。

7月4日西日本新聞(20面)

「久留米大生に朝倉から恩返し」について

久留米大学では授業やサークル活動で豪雨被災地支援をしており、2017年の九州北部豪雨で被災地支援を行った朝倉地区の一般社団法人Campから、学生支援に役立てほしいと地域で育てられたトマトなどの野菜の寄贈を受けたことが新聞で紹介されました。

7月3日西日本新聞(20面)

「久留米大学の学生支援に豆腐ドーナツを寄贈」について

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で生活に支障が出ている学生に対し、西日本新聞社とグループ会社の「豆吉郎」から豆腐ドーナツの寄贈を受けたことが新聞で紹介されました。

6月27日西日本新聞(23面)

「FBS『夢空間スポーツ』でのコメント」について
【医療センター整形外科・関節外科センター 野口幸志助教】

FBSの「夢空間スポーツ(福岡ソフトバンクホークス長谷川勇也選手の特集)」にて、長谷川選手の右足首のケガについて、手術を担当した医療センター整形外科・関節外科センター野口幸志助教のコメントが放送されました。

6月21日FBS

「久留米大が豪雨復旧支援、NPOが棚田米寄付」について

コロナ禍で生活に困っている学生のためにと、八女市星野村のNPO法人からお米が届けられたことが、新聞で紹介されました。星野村が2012年に九州北部豪雨による被害を受けて以降、久留米大学の学生ボランティアサークル「ゆめくる」が復興支援を行っており、その恩返しとしてNPO法人「がんばりよるよ星野村」から棚田米120キロが届けられた。

6月16日朝日新聞(24面)

「睡眠に関するコメント掲載」について
【医学部神経精神医学講座 内村直尚教授】

読売新聞の連載記事「睡眠を見直す(中)-休み明け 時差ボケご用心-」で医学部神経精神医学講座 内村直尚教授のコメントが新聞に掲載されました。

参考:読売新聞ホームページ

6月3日読売新聞(13面)

「御井キャンパス 就職・キャリア支援課のウェブ面接指導」について

新型コロナウイルス感染拡大を受けて、御井キャンパス 就職・キャリア支援課が4月中旬から希望する学生にオンラインでの面接指導を開始したことが、新聞で紹介されました。

5月30日西日本新聞(18面)

「『あなたの特命取材班』へのコメント掲載」について
【商学部 奥井秀樹教授】

西日本新聞の「あなたの特命取材班」のコーナーで、商学部 奥井秀樹教授の新型コロナウイルスの影響下で入社した新入社員への対応に関するコメントが掲載されました。

参考:西日本新聞ホームページ

5月27日西日本新聞(20面)

「久留米大学が全学部生に経済的支援」について

久留米大学は新型コロナウイルス感染拡大の影響で生活に支障が出ている学生に対する経済的支援として、留学生を含む全学部生と医学部付属の臨床検査専門学校生に1人2万円分のクオカードを支給することが新聞に掲載されました。

参考:本学ホームページ

5月25日西日本新聞(15面)
5月29日毎日新聞(17面)

「臭覚のたんぱく質、におい感知の機能解明」について
【医学部生理学講座統合自律機能部門 中島則行講師】

医学部生理学講座統合自律機能部門の中島則行講師、中島明子大学院生、鷹野誠教授らの研究グループが、嗅覚神経細胞における新たな情報処理メカニズムを発見したことが新聞等で紹介されました。

参考:本学ホームページ

参考:日本経済新聞ホームページ

5月24日日本経済新聞(26面)

「学生支援の100円夕食弁当」について

新型コロナウイルスの影響により生活に支障が出ている学生を支援するため、学友会の支援により販売することになった「100円夕食弁当」がテレビ等で紹介されました。

参考:本学ホームページ

参考:毎日新聞ホームページ

5月18日TNC
5月20日毎日新聞(19面)
5月25日TVQ

「久留米大学医学部の学生寮」について

旭町キャンパスに今春完成した久留米大学医学部の男子学生寮とホテルを兼ねた施設「ガレノス久留米」が新聞で紹介されました。

5月18日西日本新聞(14面)

「フードバンク久留米からの支援」について

新型コロナウイルスの感染拡大の影響でアルバイトができず生活に支障が出ている学生に対し、フードバンク久留米から食料品の提供があり学生に配布したことが、新聞に掲載されました。

5月15日西日本新聞(16面)

「新型コロナウイルスの感染拡大に伴う福岡の救急医療体制に関する記事でのコメント」について
【大学病院高度救命救急センター 山下典雄教授】

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う福岡の救急医療体制に対する記事に、大学病院高度救命救急センター 山下典雄教授のインタビューが掲載されました。

参考:西日本新聞ホームページ

4月17日西日本新聞(24面)

「久留米大学のキャリア教育」について
【基盤教育センター 酒井佳世准教授】

久留米大学の特長である「キャリア教育」についての基盤教育センター酒井佳世准教授のインタビュー記事が、新聞に掲載されました。(早期からキャリア教育を行い、学生一人ひとりが明確な目標を持って就職活動に臨める土壌を整えている)

4月15日日経産業新聞(11面)

「新型肺炎の長期化で心の健康を保つための方法」について
【医学部神経精神医学講座 大江美佐里准教授】

西日本新聞の『知りたい 新型コロナ』のコーナーで、医学部神経精神医学講座 大江美佐里准教授のコメントが掲載されました。

参考:西日本新聞ホームページ

4月8日西日本新聞(22面)

「自分でできる感染症予防策(食生活と免疫力)の記事掲載」について
【医学部免疫学講座 溝口充志教授】

医学部免疫学講座 溝口充志教授の感染症予防としての食生活と免疫力に関する記事が、西日本新聞の『ドクターに聞く』のコーナーに掲載されました。

参考:西日本新聞ホームページ

4月6日

西日本新聞(9面)

 

バックナンバー(2019年度に紹介されたもの)
バックナンバー(2018年度に紹介されたもの)
バックナンバー(2017年度に紹介されたもの)
バックナンバー(2016年度に紹介されたもの)

 

 

 


  • 久留米大学へのご支援をお考えの皆さまへ
  • 公開講座